クラクラ「自称ゆるくても勝てるクラン」ブログ

タグ:th8

失礼します。



最近1番上の娘が
どんどん私に似てきて

凄く申し訳ない気持ちで
いっぱいの


2っちぇJAPANリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




何だかなぁ…


嫁さんに似てほしかった…



娘よ、ゴメン。
こんな父ちゃんで。






会長杯ってのがあるみたい



th8メンバーだけのクランを作って
その頂点を目指す大会(合ってる?)
それが会長杯。(多分)



その大会にですね
おいでやすJAPANの「うーたん」さん
率いるうーたん軍団
出場するみたいで(合ってる?)


2っちぇJAPANからは
「いんめい」さんが
メンバー入りしてます。



すでに いんめいさんは
うーたん軍団に召集されており
事前合宿を行ってるみたいです。



凄いですよね。
気合い入っております。





勝負事なんで
勝者もいれば敗者もいるわけで
適当な事は言えませんが


最高の力を出し切ってきて
もらいたいです。


帰ってきた時には
ひと回りも、ふた回りも
大きくなってきて欲しいです。





事前合宿の練習に協力させていただきました



「th8のサブ垢を持ってるメンバー」
を集めて練習相手をしました。


2っちぇJAPANからは4人
お願いして出てもらいました。

私のサブ垢は非出場。
だって村がth7相当で
練習台にならないんですの。




クランも任せてもらい
作りました。














攻めも守りも、よく練られてた




相手のうーたん軍団は
流石、大会に向けて

戦術も配置も
よく研究されてる
印象を受けました。




結果はこちら。



うーたん軍団
強かったです。


ただね
th9の先輩として
厳しい目で見ると


もっと細かい点で
修正出来るポイントが
あったように思えたので


まだまだ
強くなりそうな気がします。



大会まで
まだ時間があるので
悔いの無いよう
頑張って欲しいですね(^^)





th8は面白い!



以前にも書きましたが
th8が楽しいです。


僕がth8だった頃と比べて
戦術がたくさん増えたし
トラップとかも増えたので
一筋縄ではいきませんね。



面白い戦術も
結構あったので

自分も勉強して
帰りたいと思いました。




しばらく
この「力二さん」クランは
残しておくので

th8の方とかで
もし興味があれば
是非、見に来て下さい♪




今回は
以上で失礼します。


お会手は
しゃあtheSkywalkerでした。




あ、読み方は
「りきじさん」です〜!











い頃から
古典落語が好きでした。



ブログや小説を書く際に

枕(話の導入部)や
サゲ(いわゆるオチ)を考えるのに
役立っています。




僕の通っていた中学校は
部活とは別に
クラブ活動ってのがあり


落語クラブに入って
学祭に出演したり

老人ホームへ慰問に
行ったりしました。



その経験上感じるのが

落語も含め
「古典芸能」って
素晴らしいなと思うんです。



古くから伝わるネタを
いろんな人が何度も披露するのですが

同じポイントでウケて
同じタイミングで拍手される。


これって
凄い事だなぁと
つくづく思います。












失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




th9が多かった
我が2っちぇJAPANですが

最近
活きのいいth8プレイヤーが
増えてまいりました。



自分のサブ垢の1つも
th8という事で


「th8においての最強戦術」
考えてみました。








最初に断っておきますが
今回の考察は

広く知れ渡っている戦術、
かつ一般的なユーザーも
すぐに使える戦術

の中から
考えています。






僕の本垢がth8だった頃は

ドラゴンラッシュか
ホグラッシュの2択

と言っても過言じゃなかったと
思います。



gowipeも流行ってましたが
やはり上記2つが

全壊戦術としては
主流だったかと。



今はどうでしょう。

当時より防衛設備やトラップが増え
全壊難度が増してますよね。


th7と比べて
キャンプ枠もそのままですし。




主流としては
ゴレホグでしょうか。



僕個人的な意見ですが

gowiva + ホグ
が最強だと思います。

(異論はどんどん欲しいです)



理由としては



①中央に入りやすい


ゴレウィズのみの場合
ゴレ部隊が中に入りきれず

周辺設備のターゲットを
取れない事をよく見ます。



それって
援軍処理にゴーレムを使っただけで

ホグラッシュと
殆ど変わらないと思うんです。


だとしたら
枠を使い過ぎですよね。


バルキリーが居れば
勝手に中に入ってくれます。



上手い人はいいですけど
ゴレウィズのみで
中央に進軍するのは
結構難しいです。



いかに
中央でゴーレムが
ターゲットを取って
ホグを回すか。


これが重要だと思います。





②スケルトントラップに強い


ホグを回していて邪魔なのが
スケルトントラップ。


昔はこんなの無かったです。


動きが早いので
ウィザードの攻撃が
当たらない事もあり
鬱陶しいトラップですよね。


でもバルキリーなら
瞬殺です。





以上の2つが
僕の考える理由です。

まだ何かあったと思いましたが
忘れました!





2っちぇJAPANには
「ほし ゆみこ」という
th8変態プレイヤーがいます。
(現在th9、冬眠中)


この人が
gowiva + ホグの名人で
物凄く上手かったんです。


th9序盤あたりからも
全壊獲ったことが何度かあって
ホント見惚れちゃうくらいでした。






【実際の攻め方】



例えばこんな村




もうカモ村ですよ。

(ホグじゃなくてもgowiva裏バルーンでも良さそう…)




援軍処理を外でする場合は
アーチャーを多めに

中で処理する場合は
ウィザード多めがいいと思います。


援軍処理の詳細は
今回、割愛します。






ゴーレムの数ですが
どうでしょうね〜

僕は2匹がいいと思いますが
お好みで。


今回は2匹の場面を。




画像も動画もありませんし
基本的な事だけの説明です。




①サイドカット



まず攻める方向を決めます。

僕は角攻めより
辺攻めのほうが好きです。

その方が中でバルキリーが
逸れにくいです。




攻める方向が決まったら
ゴーレム2匹を
ある程度離して出します。

広くサイドカットする
イメージです。


その後ろにウィザードを
チョンチョンと出しますが

全部出しちゃう人は下手な人です。


入れる前に全部出すなんて
嫌われちゃうので
気をつけてください。






②壁の穴あけ


ゴーレムが壁を叩いていますが
壁あけを焦ってはいけません。

周辺施設をウィザードが壊すまで
しっかり待って下さい。


焦って早く中に入れようとすると
嫌われちゃいます。




次にwbで壁あけをしますが
狙う壁は
2匹のゴーレムの間です。


ゴーレムの前の壁を
空けようとする人がいますが

それは上級者テクニックなので
やめましょう。



ゴーレムとゴーレムの
真ん中の壁に穴をあけましょう。


くれぐれも穴を間違えないように。


「もう!そこじゃない!」

って経験不足が
バレてしまいます。

気をつけましょう。





③本隊突入


①と②
ここまでをキッチリ出来れば
もうこっちのもの

世の男性諸君!
いよいよ
お待ちかねの本番です。


本番行為の始まりです!



真ん中の穴へ向かって
本隊をズンズン入れていきます。



バルキリーが周りの施設から
ターゲットを取り始めたら
ヒールをすぐ使って下さい。

下手な人は呪文が遅い!


でないと
すぐ果ててしまいます。


「もう果てたの?早い〜」

って嫌われちゃいます。




④ホグ回しの開始



バルキリー、ゴーレム、ババキンが
上手く中央に入ったら

ホグ回しを始めます。



本隊にターゲットを取っている
防衛設備に向かって

ホグを2匹ずつくらいで
出していきます。




ターゲット取りが
上手く出来ていれば

ホグは少数でも
全然生き残ります。

ヒールも要らないくらい。



焦ってはいけません。


防衛設備の意識が
中央に向いているのを
確かめながら

ホグをタップ!


ひたすらタップ!タップ!


残しておいた掃除用ユニットも
タップ!タップ!タップ!


うぉぉぉぉ(ง `ω´)۶







見事、更地に出来ましたら
タバコでも吸いながら
余韻に浸りましょう。


そしてクラチャで一言。


「俺にかかればイチコロよ」


このピロートークで
男の善し悪しが決まります。




どうでしょう。

gowiva + ホグ

参考になりましたでしょうか。





以上で
解説は終わりです。


いろんな人が
使い古したような

古典的な下ネタ
混ぜてみました。





お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。













このページのトップヘ