クラクラ「自称ゆるくても勝てるクラン」ブログ

カテゴリ:今日もクラクラ考察日和〜♪ > クラクラを科学する

失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。






大砲の砲台が回る仕組みを
書いてきましたが

今回はいよいよ
弾が発射する仕組みを
考えてみました。







砲身内部の
ケツの部分(ボトム側)に
装薬と砲弾を詰めます。


クラクラの大砲については
装薬に火薬が使われてると思います。



んで

「火薬を着火し爆発させて、
その勢いで弾を発射させる」


皆さん当たり前のように
こう思ってませんか?


どのようなメカニズムで
発射するのか
掘り下げてみます。





①爆発によるエネルギーの発生


火薬に着火すると
そこの空気が一瞬で熱せられ
大膨張するんです。

これが一般的に言う爆発です。

密閉された室内では
内側の圧力が急激に上昇します。




②圧力の逃げ場


「パスカルの原理」って
覚えてますか?

「密閉容器内の流体は
容器の形に関係なく
全ての面の圧力が等しい」





爆発によって上昇した圧力は
全方位に作用します。


ただ
砲身が頑丈に出来てるので
穴の開いているヘッド側に
圧力が逃げようとするんです。


この空気圧によって
弾が押し出されるという寸分。




③砲身の長さ


弾を発射させるだけなら
砲身に長さは必要ないです。


でも
火薬が毎回同じ爆発をするのは
絶対にありえないので

弾の飛ぶ方向を
安定させる為に
砲身を長くしています。






これが
大砲の弾が発射される
メカニズムですね。

いやぁ
軽く始めたつもりでしたが
長くなりそうなので
大砲に関しては
一旦終了とします。



他の題材も
いろいろ考えてありますが

何かリクエストとか
有りましたら

是非コメントしてくれたら
嬉しいです。






今回は以上で失礼します。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。













失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。





前回に引き続き
大砲を考えてみます。





さて
大砲の砲身が旋回するのは
手動なのか自動なのか?


今回は自動だと
仮定してみました。





ベアリングの上に
ターンテーブルがあって

それに砲身が
乗っかってる構造だと思います。




そのターンテーブルの外周に
ギアの歯が付いていて
旋回モーターにより
回転する仕組みでしょうね。








この場合
例えばの話ですが


旋回モーターに付いている
出力軸のギア数が
20個だとします。


ターンテーブの外周に付いている
ギア数を400個とします。




ギア比率は
20:1 となり

20分の1の力で
回す事が出来るんです。




ただ
ターンテーブルを1回転させるのに
モーターを20回転させる必要があるので
スピードも20分の1になります。





一般的には
力が弱くて回転数の早い
モーターの方が作りやすいので


ギア比による減速を使って
大きな力を生み出す仕組みを
大砲も使ってると予想してみました。





今回は以上で失礼します。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。

















失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




クラクラというゲームが
大好きでございまして


クラクラに出てくる物を
深く考察したいと思い
科学的に考えてみました。




昔こんな記事も
書きました。





こんな感じで
数学的、物理学的、に加え


化学、史学、工学、民俗学とか
自分の苦手な分野にも
いろいろチャレンジしてみたいです。



今回はクラクラで
最初に建てる防衛設備の
「大砲」を考えてみました。





この大砲で注目した点は
砲台が360度の方向に回るところ。


見た感じ
結構な重さがあると思うので

旋回部分には
ベアリングを使ってそうです。







ベアリングにも
いろいろ種類があり

クラクラの大砲の場合
回転面に対し
垂直に重量がかかるので

「ボールベアリング」を
採用してると考えてます。





ベアリングを組み込むことで
旋回の抵抗を減らし
少ない力でも
スムーズに回転することが出来ます。



恐らく
村人さん達は

ベアリング部分に
毎日グリース等を給脂して
保守に努めているんじゃないかな。



村には
大砲が何個もあるので
グリスアップだけでも
大変な仕事だろうと思います。







今回は以上で失礼します。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。













このページのトップヘ