クラクラ「自称ゆるくても勝てるクラン」ブログ

カテゴリ:コラム.the.Skywalker > しゃあの独り言

気の利いたCAさんのおかげで
ガッツリ8時間熟睡という
快適な空の旅を
堪能したワタクシでしたが

気がつけばもう
ここは遠い南蛮の地
シンガポール。








あの五寸釘パニックから
まだ24時間経っていないのに

今、この場所に居ることが
少し信じられません。



いろいろあったなぁ。

ガレキでのSASUKE。
足裏ハンマー。
増井さん。

そしてビッグダディ…



悪夢のような1日でしたが
今はすこぶる気分がいい。


これも
あのCAさんのおかげですね。




しかし、
許せないのは機長の野郎。

日々、CAさん達に
好き放題セクハラしやがって。





「さーて、今日
私のボーイングを着陸させて
くれるのは誰かなぁ♡」



きっと
こんなこと言ってるに違いない。
許せない。





「よーし、君に決めたよ!
只今より着陸態勢に入ります♡
ブーン♪ブーン♪」



「もう!機長ったら。
あいにく私の空港は
悪天候のため着陸禁止でーす♡」




「ふはははは!
視界が悪かろうと
手探りで着陸するのが
プロのパイロットって奴だ!」




「さあ!君の滑走路は
どーこーだ♡」



「機長、滑走路は
大変滑りやすくなっております。
くれぐれもお気をつけて下さい…」




「おお!願ったり叶ったりじゃーん!」




「あそーれ、カッソーロ♬
やーれ、カッソーロ♬







はい、カンツォーネ!






そーれ!カンツォーネ!








。。


嗚呼、許せない。

機長の野郎、
夜な夜なこのような
乱痴気騒ぎをしやがって!


うらやま…
絶対に許せない!




しかし、
そんなことを考えても
仕方の無いこと。

機長への怒りは
胸にしまっておこう。


何より
ここは異国の地シンガポール。

楽しむ為に
来たんじゃないか。


そう思い
荷物と松葉杖を持ち
飛行機を降りることに
しました。





出口付近では
乗員さん達が笑顔で
見送ってくれてました。




「ありがとうございます。
ありがとうございます。」



あ、世話してくれたCAさんです。
こちらこそ、お礼をしたい気分でした。

おかげで快適でしたからね。
セクハラに負けず
これからも仕事頑張って下さい。


そんなことを考えながら
歩いていると
機長らしき男性も
その中にいました。


ぐぅ…
こいつが機長か。


お目にかかるのは初だけど
僕は絶対に許さないからな。

お天道様は騙せても
この、しゃあtheSkywalkerの目は
誤魔化すことは出来ねぇぜ!



僕は
このセクハラ機長を
睨めつけました。





「お疲れ様でした。
気をつけて行って来て下さい」



機長は優しく
微笑みながら
挨拶をしてくれました。



チクショウ!
機長の野郎、余裕じゃねぇか!


僕は血が滲み出るほど
拳を握りしめました。


これが現実か。

向こうと僕とでは
社会的地位も雲泥の差。

富や名声、
そのうえCAさんまで
手に入れるとは…


今の僕には
太刀打ち出来ないほどの
大きな壁を感じました。




「ぼくは、おおきくなったら
パイロットになりたいです!」



しゃあ少年が6歳の頃
実際に言った言葉です。


当時
純粋に憧れていました。


決してCAさんに
着陸したくて言ったのでは
ありません。


信じて下さい。



そして今
スカイウォーカーと名乗っているとは
何かの因果なのかも。




様々な想いを胸に
僕はシンガポールの地に
降り立つのでした。









今回は以上です。


続きまーす!



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。



























さてさて

ワッキーさんに背中を押され
シンガポールで
マーライオンになると
決めたワタクシ。

空港での搭乗手続きも済ませ
雑誌でも買おうかと思い
売店に行きました。




空港ってさ
キレイに掃除が行き届いてますよね。

床とかピカピカで
感心します。



でも
松葉杖が滑って滑って
歩きにくいんですの。



1回、思いっきし
体重をかけて滑った時
派手に転んじゃったんです。


左足をかばってるし
両手には松葉杖持ってるから
ドテーンってマンガみたいに。




そしたら
すぐ近くにいた男性2人が
さっと起こしてくれたんです。


松葉杖のチカラって
凄いですね。
皆んなが暖かいんですの。



1人の女性が荷物を
拾ってくれたんですが

ついつい胸元に
目が行ってしまった
私ってどうよ。



(このくらい眼力あったと思ふ)



人間失格ですね。


人の親切を
そんな目で見てしまうなんて。

嗚呼、死にたい。






そして
いよいよ飛行機は
シンガポールへ向けて
離陸しました。



シンガポールまでって
8時間もかかるの知ってました?


8時間って言ったら
オーストラリアとか行けちゃう
そんな距離。




そんな遠いの?
シンガポールって。



東南アジア方面で
行ったことあるのは

沖縄(2時間)
台湾(2時間半)
香港(3時間)

確かこのくらいでしたから
8時間って信じらんないんすけど。


新婚旅行で行った
中東のドバイでも
9時間で行けたのに。


シンガポールなんて
香港のチョイ向こうくらいに
思うとりました。



でも世界地図を見ると
日本からオーストラリアと
同じくらいの距離なんすね。


ほぇ〜知らなんだ。




んで、しつこいようですが
まだ左足が痛い。

そのうえ
機内で座ってると
左足が下に着けなくて
腰が痛いんすよ。


こりゃ
どげんかせんと
8時間も耐えられない。


すかさず
CAさんを呼び出し

「何か足を置く台みたいなの
貸してもらえますか?」

私がそういうと
CAさんは探しに行ってくれました。



しばらく待つと
CAさんはスーツケースを持って
私のところへ来ました。




「良かったら
これを使って下さい」



と言うんです。

これ
明らかに誰かの私物ぽいんすよ。

取っ手の部分に
なんかスカーフとか
括り付けてあるし。



「これ、もしかして
オネーサンのやつです?」



と尋ねると




「はい!そうです。
こんなのしか無くて…すみません。
どうぞ使って下さい!」




いやいや、いやいや。
これを踏んづけるなんて
出来るわけないですやん。


スッチーが華麗に持って歩く
あのスーツケースですよ。

男の憧れのアレですよ。



しかもね
綺麗なんだけど
結構使い込んでありそうなの。




頑張って勉強して
航空会社に入り

過酷な研修を
乗り越え

機長からの
えげつないセクハラにも耐え

今もこうして
無理難題を吹っかける
ケガした客の相手を

嫌な顔ひとつせずに
頑張っている彼女。


そんな彼女と
長年、共に一緒に歩んできた
このスーツケースを

誰が踏みつけることが
出来ますか?


僕には到底無理です。



「流石にこれを台に使うのは
申し訳ないです。
ありがとうございました」


そう伝えて
足置き台のことは
諦めたのですが


少し経つと
またCAさんが私のところへ
来たんです。






「固まって空いてる席が
後ろの方にございまして、
そこなら足を伸ばせると思いますが
如何なされましょう?」



ほう!
それは良さげやね。

見上げたプロ根性やん。
このオネーサン。


早速、席を移動してみたんですの。
そしたら
横に4席が1列に空いてるんですよ。


こりゃ
足を伸ばせるどころか
寝れるね。完全に。




「これ全部使っていただいて
結構です。どうぞ」




こうして私は
シンガポールまで
ガッツリ8時間熟睡という

健康な時よりも
快適な空の旅を
堪能したのでした。








今回は以上です。


全然続く!



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。

















さて
翌日にシンガポール旅行が
控えていることを

ビッグダディこと
整形外科の先生に伝えたところ

即答で
反対されました。


会社の慰安旅行で
シンガポール、マレーシア
3泊5日が控えているんです。



僕の計画では
空港に着くなり酒を飲み

ホテルのプールで
水着のチャンネーを眺めながら
日頃の疲れを癒し

夜はクラブをハシゴして
ナイトフィーバーする
予定でした。






「俺がマーライオンだ!」


が、
やりたかったんです。



この計画を
ビッグダディに告げたんですが


やれ「安静にしろ」
やれ「プールなんて以ての外」
と、聞く耳持たないんです。


「それより、
向こうで熱が上がったら知らないよ」

とまで言われました。



確かに
異国の地の病院で
診察をうけるのはメンドーぽい。


多分、英語だから
言葉は良いとしても

保険が適用されるのかどうか
よく分からない。


あ、労災だから
そもそも保険は関係ないか。


でも
帰国後の手続きとか
考えるだけで面倒くさそう。


やはり
私のマーライオン計画は
泡と消えてしまうのか。




とりあえず
松葉くず…いや、松葉杖を借りて
会社に戻りました。



旅行前に
片付けておく仕事が
少々あったので

誰もいない事務所で
痛みに耐えながら
なんとか終わらせ帰路につくことに。




家に帰ると
嫁さんは当然ビックリ。
旅行も大反対。

まさか
マーライオン計画がバレたか?

と思いましたが、
とりあえず明日の朝
会社には行くと伝え

旅行の準備だけはして
寝ることにしました。




集合は会社に5時半。
僕は4時半くらいに起床。

というか寝てる間
痛みで何度か目が覚めてて
やっと朝になったって感じ。


心なしか
昨日より足が腫れてる。


恐らく
菌と戦ってるんでしょうね。

頑張れ!左足!



そう心で願いながら
会社へ出発。


みんな僕の足を見て
「やいやい、こりゃ無理だろ」
「やめた方がいんじゃね?」

なんて言うんです。
そりゃ当然ですが。


でも
旅行会社の◯脇さん
(通称、ワッキー)は


「多分、何とかなりますよ」


言ってくれるんですの。



ナイス!ワッキー!

でも
今からキャンセルするのが
面倒くさいだけかもね!



僕はワッキーの言葉を信じ
大きな決断を下しました。



旅行に行く!


そしてマーライオンに俺はなる!











今回は以上です。


続きます!続きます!
普通に続く!



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。

























大急ぎで病院へと向かった私。
1番近い整形外科まで
5分ほどで着きました。


やっぱ病院ってさ
スロープとかが
ちゃんと作ってあるから
歩きやすいですね。


手摺りも
当然のようにあるし。








受付で怪我の具合を
説明したんですよ。


すると
「労災にしますか?」
とか訊かれるわけよ。


労災にするなら
健康保険を使えないから
全額負担ですよ、とか
話が長いんです。



こちとら
立ってるだけで
ツラい状態なのに。



とりあえず
受付も無事終わり
待合室の椅子に座りました。



痛みがヒドい。
どんどん、どんどん
痛くなってきます。


足を床の上に置いてるだけで
とにかく痛い。




隣の椅子に
左足を乗っけたいけど

社会人として
それはどうかと思い
ひたすら我慢しかないの。



早く処置をして欲しいんだけど
なかなか呼ばれません。


救急車を呼んだほうが
良かったかも
とか考えながら
痛みに耐えていました。



我慢しすぎて
精も根も尽き果て


呼ばれた頃には
こんな感じだったと思います。












やっとのことで
先生に診てもらうことに
なりました。



この先生がね
ビッグダディにクリソツなんですよ。






あれ?
ここ整形外科だよな?
接骨院じゃないよな。


なんて思いながら
怪我の経緯を説明したんです。






「その釘は新品?錆びてた?」


って訊かれたんです。
やっぱそこ重要な情報なんですね。

思いっきり錆びてたし。
なんなら
雨ざらしで泥とか付いてたし。





「そりゃマズイなぁ。
下手したら破傷風になるよ」



破傷風とな。

破傷風ってあの怖いやつだよね?

むかし破傷風の映画を
見た事あるけど
恐ろしい病気だよね。





「とりあえず傷の中を
消毒しないといけないね」



と、いろいろ準備を
始め出しました。


でね
看護婦さんが2人も来て
僕の足を押さえ付けるんです。


なになに?
何が始まるん?


どうやら今から
足の裏に麻酔を打つとのこと。




「い…痛いんです?」


と看護婦さんに訊くと


「少し痛いですよ〜」


なんて笑顔で言うんですが
2人ががりで
凄い力で押さえ付けるの。


絶対、痛そうじゃん!


怖い!怖い!


増井さん怖い!



ちょっと待って!
ちょっと待って!




そんな願いも虚しく
増井さんがブスリ!




ぎゃぁぁぁ!
痛ってぇぇぇ!


くっそ痛いじゃん〜!!


泣きましたよ、ホントに。
実際に涙が出ましたもん。




僕ねえ
ハタチくらいの頃に
結石をやった事あるんですよ。


その時の痛みが
長年トップの座に
君臨してたんです。

先程の足裏ハンマーとか
すっげぇ痛くて
トップの座を獲りかけたんです。


でもね
この足裏増井さんは
ぶっちぎりで優勝ですね。


結石やハンマーに
5馬身くらい差を付けるくらい
ぶっちぎり。




マジで痛かったです。

私、今年で40になりますが
未だトップですね。





さて
麻酔も終わり
処置が始まりました。


それなのに
看護婦さん達は
足を押さえ付けたまま。



見えないから
何されてるか
分からないんだけど

傷口をエグってる感覚は
すっごいよく分かるの。


痛いんですよ。

麻酔してるのに。



カチャカチャ
グリグリと音が聞こえる度に
激痛が走るんです。




数分後に
やっと終わって

今度は破傷風の注射を
打つんです。



これは腕だったから
全然へっちゃら。
さっきのに比べたらね。



とりあえず全部終わり
ビッグダディと話しを
したんです。





「傷の消毒はしたけど
完ぺきではないからね」





「バイ菌をやっつけるには
体力が何より大事。
こっからが勝負だよ」





「しばらく安静にする。
お酒も飲まないように。
お風呂はシャワーだけにしてね」



ビッグダディは
丁寧に説明してくれました。



でも
僕にはビッグダディに
言わなきゃいけない事が
あったんです。



とっても
言いにくいんですが
言うことにしました。





「ビッグダ…
いや、先生。実は…僕ですね…」





「ん?」





「僕、明日から5日間
シンガポールへ行くんです」





「なぬっ?」










今回は以上で失礼します。

ん?続きますよ。
全然続きますよ。




お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。



















さて
やっとのことさ専務に会えて
用事を済まし、
軽く世間話を終えて
帰ろうとしました。



またガレキの上を
歩きだしたんですよ。


もうほんと歩きにくいったら
ありゃしない。



そうこう言いながら
えっちらおっちら歩いていると

左足に何やら
痛みを感じたんです。



「痛てててて。
何か踏んじゃったかな?」


そう思い左足を
上げてみると
木の板が靴にくっついてるんですの。


何かね、何かね、
嫌な予感しかしないんです。


恐る恐る
木の板を外してみると

長〜い釘が出てきたんです。



五寸釘って言うの?
あの長いやつ。


板に刺さってた
五寸釘の尖ってる方が
僕の足元で
上を向いていたんでしょうね。


んで
そのまま僕は気づかず
踏んづけちゃったんでしょうね。


グサリですよ。
グサリ。


いまブログに書いてるだけでも
そん時の感触を
思い出すくらい見事なグサリ。


スニーカーに履き替えて無かったら
こんなに見事なグサリじゃ
なかったかも。

革靴のままにしとけば良かった…



釘を見ると
血で赤くなってるんですよ。


「こんな長いのが刺さったの…」

そう思い
靴を脱いで靴下も脱いで
傷を見てみたんです。



するとね、
足の裏とね
足の甲にね
穴が開いてたんです。


貫通やん!

どう見ても貫通やん!


靴下もね
キレイに上と下に
穴が開いてるの。


やだやだやだやだ!

見るんじゃなかった!
見るんじゃなかった!



もう
テンションだだ下がりですよ。


しかも
時間が経つにつれて
痛みがどんどん
酷くなってくるんすよ。


とりあえずガレキの山から
降りないとと思い

再び歩き出したんですが
激痛に次ぐ激痛。

しまいにゃ
這うように歩いてました。


そして最後の難関
3mを降りるSASUKEが
僕を待ち受けてます。


正直この足で降りることは
至難の業っすよ。


降りると言うか
端から見たら
転げ落ちてる感じだったかも。


いま思うと
よく二次災害が起きなかったなと。


もう1本くらい
釘が刺さっても
おかしくない転げっぷり。


周りには
まだまだ数人の
作業員の方が仕事してて
ちょっと恥ずかしかったです。


何とか地面に降り立ち
何事も無かったかのような
振る舞いで事務所に向かいました。



「すみません…
ちょっと怪我しちゃいまして…
消毒液みたいなの有りましら
貸してもらえませんか?」


そう言うと
事務員さんが消毒液と
ガーゼを持ってきてくれました。


傷口を消毒してみると
これまた激痛。

でも我慢して
消毒してたんですよ。




すると
専務が事務所に入ってきて
僕の姿を見るなり


「何だ!おまえ釘踏んだんか?」


と言い
奥からハンマーを出してきて
僕に渡すんです。







「傷の周りをハンマーで叩いて
血をいっぱい出せ!」


と言ってくるんです。




どうやら
錆びた釘を踏むと
バイ菌が入るから

ハンマーで叩いて血を出し
バイ菌を出すとのこと。



ここの会社は
たまに釘踏みの怪我があるみたいで
応急処置は慣れてる様子。



でもね
足が全体に痛いのに
ハンマーで叩くなんて
自殺行為ですよ。


ちょっと躊躇ってたんですが
専務の目も気になるんで
意を決してやってみたんですの。



足の裏をハンマーで
ドスン!



ぎゃぁぁぁ!



とんでもない痛みですよ。
地面に足を付けるだけで
痛くて歩けないほどなのに
ハンマーでドスンなんて。




「もっと血を出して!」



専務は心配して
言ってくれてますが
ホントに痛いの。


でも
やりましたよ。



ドスン!



ぎゃぁぁぁ!



ドスン!



ぎゃぁぁぁ!



地獄絵です。


玄関であぐらかいて
自分の足の裏を
半ベソ状態の男が
ハンマーで叩いてるんですよ。




ちなみに
「ぎゃぁぁぁ!」は心の声です。


さすがに
人様の会社の事務所で
悲鳴はあげられないっすよ。


でね、
何発もドスンしたんですが
血がちょっとしか出ないんです。


ホントにコレ効果あんの?


なんて言葉が
喉まで出てきましたが
ドスンを続けたんです。




すると専務は

「よし!すぐ病院行った方がいい」


って言うの。



うそーん。
ドスンのくだりは何でしたん?



僕だって
すぐ病院に行きたかったのにぃぃ。



なんて思いながら
借りたハンマーを
消毒して返したんです。




ただ痛かっただけの
無駄な時間を過ごし


病院へ向かうため
車に乗りました。



これ踏んだのが右足だったら
運転出来てないっすね。

てかマニュアル車だったら
八方ふさがりでしたね。



こうして僕は
近くの病院に電話して
向かうことにしました。



時刻は6時過ぎたくらい。

若干、薄暗くなってました。









今回はこのへんで失礼します。
次回に続きます!



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。
















このページのトップヘ