クラクラ「自称ゆるくても勝てるクラン」ブログ

カテゴリ: クラクラ小説

(前回の続き)




「試合終了〜!
今回の神戸クラッシュを制したのは
デスレグに決まりました〜!」



会場のステージでは
決勝の闘いが終わり
盛り上がりは最高潮を迎えていた。



「惜しくも敗れてしまった
童の帝の皆さんにも
大きな拍手をお願いします!」



観衆からの大きな拍手を受け
童帝メンバーの皆も
照れくさそうにお辞儀をしていた。




実を言うと
決勝戦の応援には
あまり集中出来なかった。



ひょんな事から突然蘇った
高校時代の苦い思い出。

その記憶が
先ほどから頭の中を
離れなかったから。



ううん、
こんなんじゃダメね。



この大舞台で活躍してくれた
メンバーの皆んなを
祝福してあげなきゃ。



私は
ステージから降りてきた
童帝メンバーの元へと
歩きだした。









三宮駅前の居酒屋を貸し切り
イベント参加者や関係者の
打ち上げが行われ

私も童帝メンバーと一緒に
参加させてもらっていた。



店のそこら中で
皆んなクラクラの話しをしたり
フレチャを楽しんだりしていた。




「後ろから前からどうぞさん♪」



ふと名前を呼ばれ
振り返ってみると

そこにはアクセルさんが
料理を盛り付けたお皿を持って
私の席へと運んでくれた。



「こういうビュッフェ形式だと
女の子はガツガツ
取りに行けないでしょ?」



アクセルさんは
優しい笑みを浮かべながら
お皿を並べてくれた。



「で、どう?
あの写真の男の顔
思い出してくれたかな?」



私は首を横に振り
もう1度写真を見せてもらった。



「なんか思い出せそうな
気がするんだけど…
もう少し時間貰っていい?」



「あ、全然大丈夫だよ!
むしろ変な事させてゴメンね〜」



アクセルさんは
申し訳無さそうな顔で
こう言った。



「そうだ!少し離れた所に
雰囲気のいいバーがあるんだけど
お礼に奢らせてよ」










私達は居酒屋を途中で出て
元町の方へ向かい歩いた。

車通りが激しい
線路沿いの道から
少し逸れた路地の奥に
そのバーはあった。



店内には様々な花が飾られ
照明の当て方も
一段と雰囲気を出していた。



乾杯を済ませ
クラクラの話題で盛り上がった。



写真の男から
クランを荒らされた経緯など
こと細かに教えて貰った。


「ヒドい人ね。
見つけたら復讐しないと!」


「そうだね。
でも今日は見つけられなかったな」



アクセルさんは
残念そうに呟いた後
私にこう言った。



「ところでさ、
今日は何処に泊まる予定なの?」



新幹線の時間が
無くなっていた事に
私は気づいていたかった。










「最高だったよ。
君みたいな女性は初めてかも…」



結局、私達は
ラブホテルで泊まる事にした。


部屋に入りすぐ行為を済まし
アクセルさんは
既に眠そうな顔をしていた。



私は裸のまま起き上がり
カバンの中から
1本のバラの花を取り出した。



「もしかして
さっきのバーから持ってきたの?」



「うん、内緒ね♡
ねえ黒赤色のバラの花言葉知ってる?」




「えっと…
確か"永遠の愛"だっけ?」



「うふふ。正確♡」



アクセルさんは
眠気のピークなのか
眠ってしまった。



パシャリ。



寝顔を写真に撮っても
全く起きる様子がなかった。




私はTwitterを開き
アクセルさんの寝顔を
アップしてみた。




『今日の神戸クラッシュの後
私はアクセルノーズさんに
無理やりオフパコされました。
証拠の写真も載せておきます』




これで復讐は完了。
クラクラ界でもう終わりね。
アクセルさん。

いや、
赤嶺直樹くん。




過去のリプレイをしても
全く思い出してくれなかったね。


もしかしたらと
少し期待しちゃった自分が
馬鹿みたいだわ。





赤嶺クン、知ってる?

黒赤色のバラには
『復讐』って意味もあるんだよ。
















以上です!


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした!

















(前回からの続き)



高校時代の私は
今と違って地味な生徒だった。


クラスに友達も居なく
目立たない存在。


男子たちが私の事を
影で「乳女」と呼んでるのも
知ってるの。



でも
こんな私に対して

赤嶺クンは
優しく笑顔で接してくれた。



それまで
恋愛なんて縁もなかったけど
初めて好きになった男性だったの。



明るくて格好良くて
男子からも女子からも好かれる
クラスの人気者。



私の片思いなんて
実る訳ないと思ってたけど、

少しでも笑顔が見たくて
何度か頑張って
話しかけてみたりしてみた。


他の子の目が
気になったりしたけど

赤嶺クンと話してる時間が
とっても幸せだったの。


いま思い出すと
あの時の自分を
褒めてあげたいな。






赤嶺クンは
積極的な私に対して
嫌な顔をせず接してくれた。

むしろ
向こうからも
話しかけてくれるくらい
仲良くなれた。



「ねえ、いつかさぁ
2人で遊ぼうよ」



いつしか会話の中に
こんな言葉が出るようになったの。


嬉しかった。
夢のようだった。


ずっと一緒に居たい気持ちが
どんどん湧いてきちゃった。








初めてのデートだったから
凄く緊張したのを
今でも覚えてる。


何処に遊びに行くか
お互い中々決められず
結局、赤嶺クンの家に
遊びに行ったの。



雑誌をいっぱい買って
目一杯オシャレをして行ったんだけど
あまり意味が無かったのかも。


だってさ
すぐ脱がされちゃったんだもん。


少しくらい
「服装、可愛いね」とか
言って欲しかったな。


でも
赤嶺クンと1つになれた
喜びに比べたら

そんなの
どうでも良かったの。








その日以来
何度も泊まりに行った。

ずっとずっと
一緒に居られて
とっても幸せだった。



学校でも手を繋いだりとか
したかったけど
我慢したの。


赤嶺クン人気者だから
迷惑かけちゃいけないと思って。



ホントは
皆んなに言いたかった。


「私達、付き合ってるんです!」
って。










「赤嶺〜!お前最近
乳女と遊んでるみたいじゃん〜w」



放課後、
廊下を歩いていた私は

教室の中から
こんな声が聞こえてきた。



男子たちが数人
残ってたみたいで
赤嶺クンも居る様子。


私の事を
話している感じだったから
思わず盗み聞きをしてしまった。


「えっ!マジで〜w
赤嶺お前、乳女と遊んでるの〜ww
もしかして付き合ってるとか?笑」


「ギャハハ!
キモ〜!赤嶺キモ〜!」



いざ実際に
私の悪口を聞くと
やっぱり辛かった。



「おい!やめろよ〜w
俺があんな地味な女と
付き合う訳ねえじゃん〜w」


赤嶺クンは
皆んなの前だから
隠そうとしてるんだ
と思った。


でも
次の言葉で
私は耳を疑った。



「お前らも乳女誘ってみろよ〜
すっげー簡単にヤレるぞ〜w」










赤嶺クンの本心は違うと
私は信じていた。


男子たちの手前、
強がって見せただけだと。


だからその後も
誘われるたびに
何度も泊まりに行った。


私はそれでも
幸せだったの。




しかし少しすると
赤嶺クンに彼女が出来た。


相手は私達と同じクラスの
イケてる女子。


皆んなの前でも
はばかる事なく
ラブラブだったの。


当然、
私は納得出来なかった。


赤嶺クンにとって
私はどんな存在だったんだろうって。



2人になれるチャンスを見つけて
話しかけてみた。




「赤嶺クン、彼女出来たんだ…」



「え?
あ、うん…彼女出来た」



悪びれる感じもなく
言いにくい感じもなく

普通に認めた。




「そっかぁ…おめでと〜
じゃあ私もう泊まりに
行かない方が良さそうだね〜」



自分の中で
精一杯強がった言葉だった。



「うん…まあそうだな。
その方が良いね。
あ、でも折角仲良くなったんだから
最後に1回だけ泊まりに来いよ〜」



赤嶺直樹は最低な男だった。






初めて好きになった人は
最初から私の事を
何とも思ってなかった男だったの。



好きだった想いの大きさ
信じていた想いの強さが


そのまま
ある想いに変わってしまった。




イツカ、フクシュウシテヤル…








続きます!


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした!










失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




私がth9だった頃に
数人の方が
私の全壊リプを
YouTubeにアップしてくれました。


いま見返してみると
当時の環境とかを思い出して
感慨深いものがございます。





さて今回の物語は
ある女性プレイヤーのお話です。


舞台は
クラクラ巨大オフイベント。

では
お楽しみくだせい。













「さあ!決勝に駒を進めるのは
童の帝に決定しました〜!」



ステージには
司会のルーズドさんの声が
高らかに響き渡っていた。


私の所属してるクラン
「童の帝」(わっぱのみかど)は
選抜メンバーの活躍によって
とうとう決勝戦まで進むことになり
私も大興奮状態!


会場も凄く盛り上がっていて
とっても楽しい雰囲気。
この「神戸クラッシュ」
ホント来て良かったな。








「あの〜、すみません。
後ろから前からどうぞさんですか?」



ロビーへ出た私に
女の子が話しかけてきた。


「私"かずのこ天丼"って言います!
いつもTwitterで拝見してますが
実物も凄く可愛いですね!」



今日はこんな感じで
いろんな人に話し掛けられてるの。


自分で言うのもアレだけど
Twitterのフォロワー数も増えたし
結構クラクラ界隈で
名が売れてる方だと思う。


初めてのオフイベント参加だけど
今まで絡みのある人と
実際に逢えたりして
それも中々楽しい。


「電話番号教えて」
「LINE交換しよ」
「乳揉ませろや」


たくさんの男性プレイヤーから
チヤホヤされて嬉しいんだけど
出逢い厨の多さに
少々、食傷気味…


でも
クラメンにも逢えたし
良しとするか。


さて
決勝の相手は強豪の「デスレグ」ね。
しっかり応援しなくちゃ。









「あの〜、もしかして
後ろから前からどうぞさんですか?」



ステージへ向かう私に
1人の男性が話しかけてきた。



「やっぱりそうですか!
僕、デスレグのアクセルノーズです。
初めまして!」


アクセルノーズと言えば
超有名なクラクラプレイヤー。
私に話し掛けてくるなんて。



「ちょっと変な事を訊きますが
今日この男を見てませんか?」


アクセルさんは
スマホに映った写真を
私に見せてきた。



「ウチのクランにですね
複数のアカウントを使って
何度も荒らしにくる人でさ、
困ってるんですよ」


「何とか写真を手に入れたから
今日この会場に来ていないかと
捜しているんですよ」



そっか…
荒らしか…

でも
なんで私に?


「いや、いろんな人に
話し掛けられてたから
もしかしたらと思って…」


「う〜ん…忘れちゃったかも。
ちょっと思い出してみるね」


私がそう言うと
アクセルさんは


「じゃあ思い出したら
また話しかけてね!
決勝は負けないから!」


笑って言った。









アカミネ ナオキ。



赤嶺直樹。



顔も名前も
忘れる訳がなかった。


だってさ
私の初恋の相手なんだもん。



赤嶺クンも
クラクラやってたんだ…


私の事なんて
もう忘れちゃってるだうな。


でもね
私が受けた心の傷は
8年経った今でも
全然癒えていないの。








続く!


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。















失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。



わたし、去年の夏に
短編小説を書いたのです。



2本書いたっけかな。

そのうちのひとつ
という作品を

「聞く小説」という形で
動画にしてもらったんですの。







「とてち」さんが
企画主でごさいまして

とてちstudio第2弾作品に
選んでいただき
制作との運びになり
大変嬉しい想いです。






私ね、

第1弾の作品を見てですね
凄く感銘を受けたんすよ。



原作に挿絵が入り
音楽と共に朗読をする。



手法としては
古くからある形ですが

クラクラ界隈での
表現方法としては

逆に新しい!

って感じたんです。





いやね、
私もブログを書いてますやん。


1人でシコシコ
書いてるんすよ。



それがですよ、
絵師さん、演者さん、
動画作成者さんと

コラボ出来るってことは
ホントに貴重なの。



私の方から売り込んだんです。




最初ね
冗談半分だったんですよ。


内容的にエッチな作品だから
断られると思ってたんですの。



そしたら
何の何の、採用されちゃいました。



とてちさんが
キャスティングしてくれて
12月くらいから始動。



「夏ミニ制作委員会」
メンバーはこちら。







「とてち」さん(スロパチ連合本店)

チーフディレクター。
読み手。

企画から作成の監修
プロジェクトの段取りなど

総てを纏め上げた
スーパーマン。


とっても優しい
お兄ちゃんでした。








「s..」さん(無所属)

姫。
読み手。

グループ通話で声合わせした時
すでに完成された演技で

「可愛い…」

と、とてちさんが
思わず呟いちゃった程。


事前に相当な
自己練をしてた様子。

うん。可愛い。








「ナニャドヤラ」さん(ジーク・ミオン!)


イラストレーター。
総合演出。

悪ふざけオッさん。
しかし作品のパーツ1つ1つに
細かくこだわり
非常にクリエイティブな人。

とは言え

「こっちの方がエロいかな?」
「どの角度がエロく見える?」

など、
こだわりの殆んどが
エロの追求でした。










「モモタロ」さん(進撃のあかねこ)

イラストレーター。
ムードメーカー。


とにかく仕事が早く
何でもすぐ描いちゃう。

エロ画をリクエストすると
少し躊躇うんですが

ものの数分で
期待以上の物がアップされ
数点が私の宝物になりました。


トークの流れで出た
たわいもないネタも

すぐ描いてくれて
とても皆を和ませてくれました。







最初のうちは
皆んなが原作者の私に
いろいろ質問してきたんですよ。


「どんなキャラを想像してます?」
「このセリフはどんな感情です?」

とか。


皆さん
原作を尊重してくれてたんですが

私としては
各々のセンスに任せますと
お願いしました。

全く別物になっても
構わない覚悟でしたね。




するとね
皆さん凄いんですよ。


いろんな意見が
どんどん出てきて

衝突すること無く
互いの意見を尊重して
良いものに仕上がってくんすよ。


ほんとクリエイティブ。



私も物書きの端くれとして
非常に刺激を貰いました。




この素晴らしいプロジェクトに
参加させていただき

4人のメンバーには
ホント感謝ですよ。






長々と書きましたが
5人による4カ月に渡り作った
動画作品です。


是非ご覧くださいませ!





(s..さんはシークレットキャストとして
公開当初はモザイクかかってました)






今回は以上で失礼します。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。











失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




クラクラ小説に定評のある
「バタツ」さんと言う方が
ございまして


そのバタツさんが書く文章は
独特な味があり
僕もファンの1人です。



最近ですね
そのバタツさんの小説を
「とてち」さんという方が

朗読をする形をとり
YouTubeで発表されました。









とてちさんも
何か独特な雰囲気を持った方で

バタツさんの世界観と
絶妙にマッチして
とても素晴らしい出来の
作品になっております。



ファンアートで活躍されてる
絵師さん達の挿絵もあり

そこら辺も
楽しめると思います。










朗読という
言わば古典的な手法ですが

今までに無い
新しさを感じました。



僕も文章を書いてる人間、
こういう表現の仕方を見ると
書き物の可能性を感じ

他の配信者との
様々なコラボも期待出来そうです。




ここで
とてちさんにお願いがあります。



この記事をもし読んでくれたらで
結構ですが


僕の小説の代表作である


もプロデュースして
頂けないでしょうか?




どんな朗読になるのか?

どんな挿絵が登場するのか?



原作者として
とても興味がございます。



クライマックスの
緊迫したシーンなんて

どんな演技をしてくれるか
凄く気になる。




どうか
この想いが届きますように。





今回は
以上で失礼します。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。










このページのトップヘ