クラクラ「自称ゆるくても勝てるクラン」ブログ

カテゴリ:僕は泣きながらクラン運営をする > クラン内政

失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




いやぁ
週末に参加していた
ネコふん戦は見事に負けました!



チラインしか出来んかったけど
とにかく楽しかったです!


誘ってくれたヨネちゃん、
ホントにありがとうでーす!



でね
こう言うイベントごとってさ
参加者さんの名前を
まず覚える必要ありますよね。


なんて呼べば良いのかしら?


みたいな、
まるで入学したての頃を思い出す
もうすぐ40のオッさんです。




私はクランのリーダーをしてる上で
メンバーの呼び方について
少し拘りを持ってるんです。


それは

「なるべくアカウント名と
かけ離れないように」

する事です。






正式名称が長い人とか
英語や数字が混ざってる人とか
簡略化させて貰ってますが

誰が聞いても
その人だと分かるように
心掛けてます。




「you」さんは「ユーさん」
「はながっぱ」さんは「ハナさん」
「UNTITLED」さんは「アンタイさん」


こんな感じです。
何の捻りもごさいません。



これね、結構重要なんすよ。


だってさ
新メンバーさんとか
お客さんとかが聞いた時
すぐ誰の事か分かりますよね。


逆に分かんないとですね
ストレスなんですよ。


内輪感が強まって
新参者が入りにくい的な。




まあ
本人とチャットで話してる時とか
流れの中で呼び方を変える事は
ありますが

基本的には
分かりやすく呼んでおります。




例えば「MONET」さん

たまにモネオとか呼びます。
他に ホモネオ、ホモネット、
ホモネットたかだ、
など呼びますが

基本は「モネさん」です。



あと「元魔法使いの5郎」さん

元さん、ゴローニャ、S郎さん、
ゴロチンコスープ
など呼びますが

基本は「ゴロさん」です。




なるべく
皆んなが輪に入れるよう
こんな細かな心配りをしてる私。


そんな自分が大好きです。





(私も稀にこんな風に呼ばれます)





今回は以上です。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。












失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。



現在の私は
th10で頑張っております。


まだまだ
上げたてプレイヤーですが
最近th10が
クソ楽しくて仕方ないです。


th9も楽しかったから
人気があるの分かるんですが

th10の楽しさも
負けてないと思いますの。




以前の2っちぇJAPANは
th9とth8がメインでしたが
最近th10も増えて来ました。


th8のメンバー殆んどが
th9へ上げたので
9と10がメインに
成りつつあります。



ここらでね
th8のメンバーを
募集でもしようかなと
思ってるんですよ。


いや、
ウチは基本的に
どのthレベルでも大丈夫ですが

私自身がth8も好きなので
無くしたくないってのが本音。




ウチのth8の筆頭は
ずっとアンタイさんが
担っております。


1年前に入隊した時から
フルカンストの状態を
今でも続けているんです。


「永遠の20歳でーす!」


と言ってる
アイドルの如く。



まあアンタイさんは
好きでth8に留まっているので
楽しくやってるみたいですが

最近の対戦相手に
th8が居ない事が増えてきたんです。


何だかそれが
申し訳なくってね。


何より私自身も
th8同士のリプレイが見たいし。



だから
もう少しth8メンバーが
増えたらいいなと思う所存です。



改めまして
th8のプレイヤーさん、

是非とも2っちぇ入隊を
ご検討してみて下さい。






今回は以上で失礼します。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。















失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。



去年の秋ころ
「SIMON」と名乗る人物が
クランに入りました。







このシモンさん
入隊を承認してすぐ
挨拶も一通り済ませ

いろいろ話し掛けてきたので
会話をしてたんですが



なんか
所々、話し方が引っかかるんですの。


敬語も何かおかしいし
たまに変なこと訊いてくるし。




いや私ね
口の利き方とかに
厳しい訳じゃないんですが


何ていうかホレ
キャラを掴みたいけど
よく分からないと言うかね。





んで
しばらく様子を見てたんですが

シモンさんは
中国人の大学生みたいで

日本が好きで
日本語を勉強してるとの事。




それを聞くとですね、
今までの印象がガラリと変わって

逆に
「日本語かなり上手ですね」
って思っちゃうから
不思議なもんですよね。





シモンさんは
早上げth11でして
クラン戦でも活躍してました。

(ウォーデンとか使うから
ユニットの強さに頼ってる攻撃で、
上手いとは言えないですが
下手ではないという感じ)


フレチャも積極的で
練習熱心でした。


援軍もどんどん出して
ホント助かる存在でした。




そして何より好きな所は
チャットを通じて
皆んなの輪に入ろうと
頑張ってたとこ。



本人的には
日本語を勉強したいだけ
だったかも知れないけど


私から見たら
すごく微笑ましい光景でした。




最初は皆んなの事を
フルネームで呼んでいましたが

誰かが呼ぶのを見て
覚えたのか

呼び名を使うように
なったんです。



「you」さんを「ユー」さん、

「あんころもち」さんを
「もちんこ」さん、

「MONET」さんを「モネ」さんとか。



あと僕らが
対戦で使う合言葉

「〇〇さんナイスじゃぱーん!」

真似して使ってた。

多分、
意味分かってないと思う。絶対。



でも
こうゆうのって大事なんだなと
改めて実感しました。


自然と輪の中に
入ってましたもん。







英語を日本語で言うと
だいたい通じないんですよ。



「インフェルノがある村から
全壊出来る自信ありますか?」


と訊いた時


「インフェルノって分からないです」


と言われ「地獄の塔」と
説明したら
分かってくれました。




あとメンバーの誰かが対戦中に
テンション上がって

「〇〇さん、すげぇぇぇ!」

と言った時



「すげぇぇぇの意味分からないです」

とシモンさんに言われ

「凄いを崩した言い方です。
すみません」

テンション下がってたのが
何か笑えました。





おいでやすJAPANと
合同で紅白戦をすると
クラン内でお知らせした時も



シモンさんから
「紅白戦は何をするんですか?」
と質問があり

メンバーさんが

「友好クランさんと合同で
紅白戦をするんですよ」

と説明してましたが
そもそも「紅白戦」の意味が
分かって無かったというね。



僕らは当たり前に
使ってる言葉でも
通じないのが
逆に何か面白かったです。







シモンさんは
僕が休養してた時期に
脱退したみたいで

何故抜けたのかは
分からないですが

半年くらいと短い期間で
かなり印象に残ってる人です。




コミュニケーションを取る、
上手くなって活躍する、
援軍で役に立ちたい、


全てにおいて
頑張ってた人なので


すぐに
皆んなから好かれたんだと
思います。




今でもクラクラやってるか
分かりませんが

以前
「日本に行ってみたい」

と言ってたから
偶然どこかで会うかもですね。


会えたら嬉しいなぁ。






今回は以上です。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。

















失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




え〜と
前回のクラン戦ですが
負けました。


相手は中国のクラン様。




マッチングの時点で
厳しい試合になるのは
分かってたんです。




こちらth10序盤が1人
んで、th9が16人。
普通に並んでいるんですが

向こうはth11とか居て
下の方には
戦略的早上げがチラホラ。


んで
試合が始まったんですが


結構見かけ倒しで
下手なクランって
あるやないですか。



でも結構上手いプレイヤーが多く
どんどん星を獲られるんすよ。



2っちぇJAPANの強みは
個々が効果的な場所を判断して
効率的に星を重ねるところ。


そんな攻め方を
向こうさんもやってくるんですよ。



スキルもあって
試合運びも上手いとわ!



んで相手の
クラン戦履歴を見るとね
パーフェクトをバンバン獲ってるの。



僕ね
パーフェクト獲られる覚悟を
早々にしてたんです。


でも
相手の点数は兎も角として
こちらは出来る限り
最高の試合をしようと
頑張りました。


他の人にプランを訊いたり
フレチャで何度も練習したり

普段より皆さん
気合い入ってたんです。




相手の2番



相手の1番


1番手、2番手から
もうホントに
泥臭く星2つを執念で獲って


3番以下は全て
更地に出来ました。






しかし
結果は73点の同数!

破壊率の差で
負けました。





でも、これは言いたい!

相手は確かに
上手いプレイヤーが多かったけど
下手なプレイヤーも結構居た。

戦略的早上げして
ボウラー、ウォーデンの
ゴリ押し全壊とかあったし。


でも
こちらのメンバーは
全員上手かったし
全攻撃が素晴らしかった。


僕の見解では
こちらの方が
スキル高かったと思います!

(僕の見る眼が高いかは置いといて)




僕は今回の試合が
2っちぇJAPANにとって
大きな戦いだった気がします。


負けた事により
1つ目標が出来ました。




それは
僕のサブサブ垢を
th11へ早上げすることです!


戦略的早上げ
クソ羨ましい〜!!






今回は以上で失礼します。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。














失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




クラン戦が実装されて3年。


それまでクラクラの幹は
ファーミングやトロ上げでしたが

今ではもう
クラン戦がクラクラの醍醐味といって
過言では無いと思います。





僕が2っちぇJAPANのリーダーに
就任したのも

クラン戦が実装された
3年前の4月の頭くらい。




最初の頃は全然勝てず
いろいろ悩みましたの。


メンバーと口論になる事も
しばしば。



何度も微調整を繰り返し
今の形に至るって感じっすわ。






昔はね
対戦ガチクランと
まったりクランと 
二極化してたんですよ。



んで
我が2っちぇJAPANは
「ゆるくても勝てる」を
打ち出した最初のクラン。


他にもあったかも知れんけど
ブログとかで言い出したのは
元祖だと自負しております。





でもね
「ゆるくても勝てるクラン」って
言うとさ

「うぇーい
ウチらは緩いぜぇ〜」

って
"適当なクラン"だと
誤解されがちなんすよ。





ハッキリ言わせてもらうと
僕らは緩いだけのクランじゃなくて

ゆるくても勝てるクラン
なんすよ。




ホントに
何度も何度もクラン戦を重ねて
積み上げきた形なんです。




メンバーの皆さん
凄く優しいし

クラン戦に関しては
かなりガチですし

他人を責めることは
今まで、一度もないです。




僕が1人で
「ゆるくても勝てるクラン」って
言ってもダメな訳で

メンバー全員の理解があった上で
成り立つ形なんですよ。



厳しくルールを決めて
勝ちを目指すのも
大変だと思うし
面白そうとも思います。


しかし
僕らは「緩さ」と「勝利」を
両立させる努力をしてますの。



ウチのメンバー
結構クラクラ上手いんですよ。


んで
真剣にクラン戦を
楽しんでくれてるんです。



こんな皆んなと
もっともっと一緒に
遊んで行きたいと思う
今日この頃。




今日は
リーダーを3年務めて感じた
クランに対した感想です。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。


このページのトップヘ