クラクラ「自称ゆるくても勝てるクラン」ブログ

カテゴリ:僕は泣きながらクラン運営をする > クラン内政

失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




え〜と
前回のクラン戦ですが
負けました。


相手は中国のクラン様。




マッチングの時点で
厳しい試合になるのは
分かってたんです。




こちらth10序盤が1人
んで、th9が16人。
普通に並んでいるんですが

向こうはth11とか居て
下の方には
戦略的早上げがチラホラ。


んで
試合が始まったんですが


結構見かけ倒しで
下手なクランって
あるやないですか。



でも結構上手いプレイヤーが多く
どんどん星を獲られるんすよ。



2っちぇJAPANの強みは
個々が効果的な場所を判断して
効率的に星を重ねるところ。


そんな攻め方を
向こうさんもやってくるんですよ。



スキルもあって
試合運びも上手いとわ!



んで相手の
クラン戦履歴を見るとね
パーフェクトをバンバン獲ってるの。



僕ね
パーフェクト獲られる覚悟を
早々にしてたんです。


でも
相手の点数は兎も角として
こちらは出来る限り
最高の試合をしようと
頑張りました。


他の人にプランを訊いたり
フレチャで何度も練習したり

普段より皆さん
気合い入ってたんです。




相手の2番



相手の1番


1番手、2番手から
もうホントに
泥臭く星2つを執念で獲って


3番以下は全て
更地に出来ました。






しかし
結果は73点の同数!

破壊率の差で
負けました。





でも、これは言いたい!

相手は確かに
上手いプレイヤーが多かったけど
下手なプレイヤーも結構居た。

戦略的早上げして
ボウラー、ウォーデンの
ゴリ押し全壊とかあったし。


でも
こちらのメンバーは
全員上手かったし
全攻撃が素晴らしかった。


僕の見解では
こちらの方が
スキル高かったと思います!

(僕の見る眼が高いかは置いといて)




僕は今回の試合が
2っちぇJAPANにとって
大きな戦いだった気がします。


負けた事により
1つ目標が出来ました。




それは
僕のサブサブ垢を
th11へ早上げすることです!


戦略的早上げ
クソ羨ましい〜!!






今回は以上で失礼します。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。














失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




クラン戦が実装されて3年。


それまでクラクラの幹は
ファーミングやトロ上げでしたが

今ではもう
クラン戦がクラクラの醍醐味といって
過言では無いと思います。





僕が2っちぇJAPANのリーダーに
就任したのも

クラン戦が実装された
3年前の4月の頭くらい。




最初の頃は全然勝てず
いろいろ悩みましたの。


メンバーと口論になる事も
しばしば。



何度も微調整を繰り返し
今の形に至るって感じっすわ。






昔はね
対戦ガチクランと
まったりクランと 
二極化してたんですよ。



んで
我が2っちぇJAPANは
「ゆるくても勝てる」を
打ち出した最初のクラン。


他にもあったかも知れんけど
ブログとかで言い出したのは
元祖だと自負しております。





でもね
「ゆるくても勝てるクラン」って
言うとさ

「うぇーい
ウチらは緩いぜぇ〜」

って
"適当なクラン"だと
誤解されがちなんすよ。





ハッキリ言わせてもらうと
僕らは緩いだけのクランじゃなくて

ゆるくても勝てるクラン
なんすよ。




ホントに
何度も何度もクラン戦を重ねて
積み上げきた形なんです。




メンバーの皆さん
凄く優しいし

クラン戦に関しては
かなりガチですし

他人を責めることは
今まで、一度もないです。




僕が1人で
「ゆるくても勝てるクラン」って
言ってもダメな訳で

メンバー全員の理解があった上で
成り立つ形なんですよ。



厳しくルールを決めて
勝ちを目指すのも
大変だと思うし
面白そうとも思います。


しかし
僕らは「緩さ」と「勝利」を
両立させる努力をしてますの。



ウチのメンバー
結構クラクラ上手いんですよ。


んで
真剣にクラン戦を
楽しんでくれてるんです。



こんな皆んなと
もっともっと一緒に
遊んで行きたいと思う
今日この頃。




今日は
リーダーを3年務めて感じた
クランに対した感想です。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。


失礼します。
2っちぇJAPANのお飾りリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




先月にやった
「連邦の白いアレ」さんとの
対抗戦が終わってから

リーダーとしての業務を
全て投げ出して
クラメンに任せっきりでした。



休養前には
メンバーの皆から

「在籍はしてて
たまにインするだけでもどうか?」

と暖かい言葉を貰ったんですが
しっかり休養しようと思い
クランから脱退してたんですの。




でも
最初の3日くらい
クラン運営の事ばかり考えちゃって
変なジレンマを抱えてました。
てへへ。






実を言うとね
12月からロクにクラン戦してなくて
「連邦戦に向けて練習しなきゃ」
っていう想いを胸に

直前のクラン戦へ
久しぶりに参加してみたんですよ。


そしたら
相手は強豪クランの
「キュベレイ」さん。


目下23連勝中で
記録更新中だげな。
おそげーなぁ。

そりゃ方言も出ちまうわ。








相手のリーダー
ノリスさんも気合い充分でして
ツイートしてくれてました。



シャアとノリス、

どちらが優秀なのか
そんな闘いになってしまい
対戦が始まったんですの。




わたし
それまで1カ月ほど
クラクラにインするのが減ってて

若干、メンバーの皆さんに
気を遣ってたんです。




でもね
キュベレイさんが強くて
なんか自分に火がついちゃって…


終盤なんて
珍しく指揮を執っちゃいました。



相手は連勝記録更新中ですが
こちらも200勝に王手を掛けてるし。


何よりワタシ
クソが付くほどの
負けず嫌いなんです。




「〇〇さんがココ、〇〇さんはアソコ」


なんてね
普段やらない事ですが
やりましたね。



ホントにホントに
最後まで僅差で

こちらの残り攻撃権を
1手も無駄にしなければ
勝てる可能性があったんですよ。



皆さん僕の作戦を了承してくれて
終戦ギリギリくらいに
順番に攻めたんですが

まあ見事に作戦通りの攻撃で
逆転出来たんですの。



あの時の攻撃メンバーは
僕も含めて5人くらいだったかな。


あのプレッシャーの中
誰1人としてミスしなかったのは
ホントにお見事でした。



大事なことなので
もう1度言いますが


僕も含めて、ですからね。




いやぁ
燃えました。


2015年10月の
「山猿の里」さん以来の
死闘だったと思う。









皆で協力して
繋いで繋いで勝てて
クラクラくそ楽しいじゃん。




モチベが下がったから
休養しようと思ったのに

この1回の対戦で
完全に回復しちゃったんです。



一瞬ね
休養宣言を撤回しようかと
考えたくらい。



でも多分
休養宣言をして無かったら
メンバーとの話し合いもせず

ズルズルと低空飛行を
してたんだと思うから
良かったんですよ(ポジティブ)





次の連邦戦も楽しく出来て
クラクラのモチベがMax状態で
休養に入ったから

凄くムズムズして
変なジレンマを抱えちゃった訳ですの。




「ヤリてぇ〜!ヤリてぇ〜!」


って畳の上をゴロゴロしたの
中2の夏以来ですかね。


四半世紀を経て
同じ行動をとるなんてね。


私自身が驚いております。






こんな気持ちにさせてくれた
キュベレイさんと連邦さんには
感謝しかありません。



休養するシャアの前に
この2クランが現れるとは
面白いもんですね。


勝ち逃げみたいになりますが
もう少し休養しようと思います。


また復帰したら
再戦お願い致します。




ちなみにワタシ
ガンダムの知識ゼロです。




今回はこの辺で失礼します。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。
























失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




今イベントにより
私も含めサブリメンバーが数人
クランを抜けています。


僕はクランを長く空けるのは
前回のカズコ以来なので

やっぱり
2っちぇの事が心配に
なってしまいます。



サブ垢でチラインして
様子を見るんですが
本垢に比べたら
インは当然低い状態。


でも
残ったメンバーさん達で
上手くやってくれてまして

対戦にも勝ってたし
新規加入者の対応も
臨機応変にやってました。



こういうの
凄く助かるし嬉しいです。




私が留守中に
3人のメンバーが加入しました。



そのうちの1人が
いかにも女性の方っぽい名前で

村の配置もハート型に
なっていて



「女性の方から申請がありました!」


と報告がありました。

テンション上がり過ぎやろ!
って言葉が喉まできましたが

どうやら
申請文が無言だったので
承認するか迷ってるとの事。




結局、承認をして
様子を見ることにしたみたいですが

しばらくしたら
無言のまま脱退した模様。





これは
極端な例ですが

仲良くやっていけそうな人か
そうで無いのか

長くリーダーをやってますと
そゆうの分かる感覚ってあります。



いろんなメンバーを
見て来ましたからね。












少し前に
「みるくりっち」さん
という人が加入しました。



このひと
語尾に「モフ〜」とか付けて
喋るんです。


「オッサン大丈夫か?」
と心の中で思いながらも

人間的には
しっかりしてて
信用出来そうな人だな

っていう感覚が
何故かあったんです。




いま思うと
その直感は正解だったかなと。



最初の訳分からんキャラも
落ち着いてきて
すっかり馴染んできた感じ。



「リーダー、
〇〇は〇〇で良いモフか?」



とか
語尾はともかく
発言がしっかりしてて

最近そのギャップに
少しハマってきちゃいました。




ちょい前に
双子のお子さんが産まれ
忙しそうですが


自分のペースで
これからもよろしくお願いします♪


出産祝いは
この前あげた援軍のゴーレムです。



え?
もう無くした?



じゃあ、またあげます!




今回は以上で失礼します。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。















失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




お金持ちになったら
リゾート地とかに
別荘を建てたいな

なんて事は
誰しも思いますよね。








普段の現実を忘れ
余暇をゆっくり過ごす。


贅沢ですよね。




2っちぇJAPANは
最近急にメンバーが増えました。


おかげさまで
満員となっております。








そうは言っても
50人居る訳ではなく

メンバーのサブ垢が7個、
ピッコロさんの捨て垢が5個あるので
実際は38人となります。



いま現在
38人のメンバー、
サブ垢7個、捨て垢5個は
全て大事なクラン構成員。



そこで当然
「サブクランの構想」が
持ち上がっても
不思議じゃありませんよね。



まず
サブクランの種類を
考えてみました。




①クラン戦休憩クラン


僕のイメージとしては
冒頭で言った
リゾート地の別荘って感じ。

あくまで
本クランがメインで
受け付けも本クラン。


休憩する人を対象に
サブクランを利用するみたいな。


ネコふんとか
確かそうだったかな。




②新メンバーの受け付けクラン


まずは
サブクランにて新人さんを
受け入れて

本部へと昇格するクラン。


クラチャンさんや
群馬さんが確かそんなスタイル。




③イベントやフレチャ専用クラン


イベントの度に作らず
常設してあるクランや

練習対戦などを試したりとか
本部の戦績に傷を付けず
気楽な対戦をしたり。








他にもいろんな形態が
ありそうですが




まず①のパターン


2っちぇJAPANには
長く対戦不参加してるメンバーも
何人か居ます。


その人達に休憩クランへ
移動してもらい

本部に対戦参加メンバーを
増やすやり方。


メリットとしては
対戦アクティブメンバーを
採用出来る枠が増えること。


デメリットは
サブクランへ移動した人と
援軍のやり取りが出来なくなること。




次に②のパターン


昔これ考えてた時期あったんです。
40人くらいメンバーが居たころ。

新メンバーが増えた時って
勝率が落ちる場合が多かったんです。


原因は
新メンバーさんの力量が
まだ把握出来なかったり

その人達も
最初は実力を発揮出来なかったり。




だから
サブクランに一旦入ってもらい
慣れた頃に昇格してもらえば
本部の勝率が落ちなくて良いじゃん!
って思ってました。


強豪クランを目指すなら
このパターンが最適な気がします。




③のパターン


これは特に運営も必要ないので
留守番の垢を置いておけば
いい感じかな。






サブクラン。

夢が広がりますね。



結論としましては、


今は作りません。

(これだけ長々と書いといて)




休憩クランを作って
対戦参加メンバーを増やすのは、

クランレベル10に到達した今
あまり魅力を感じないです。

イベントを開きやすい
ってことくらいかな。



新人受け入れクランを
作るのも

運営が大変そうで
想像すると失敗の未来しか
思い浮かばないの。




だいたいね、
今の僕は調子に乗ってるんですよ。


こういう時って
ノリノリで進んでいくと

振り返れば
誰も付いて来てないみたいなのが
相場ですね。



ちょっとメンバーが増えたからって
調子に乗るな!って
言ってやって下さい。



企業だって
不況の時に成長するもんです。



調子のいい時に
調子に乗るのは怖い!



「好事魔多し」を忘れず
まずは現状の維持に努めます。


まずは
最近増えた新メンバーさん達と

もっと仲良くなるのが
大事ですね。




ということで
今回は以上で失礼します。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。











このページのトップヘ