クラクラ「自称ゆるくても勝てるクラン」ブログ

カテゴリ: 今日もクラクラ考察日和〜♪

失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




さて、
前回は人工知能について
書きましたが

それを
クラクラのプランニングに
使えたらいいなと
思っています。







まず事前に
攻め側のユニットレベル等を
インプットします。


んで
攻撃リプレイを録画。


ユーザーの手作業は
これで終わりです。




あとは
コンピュータが
様々な情報を
データとして保存します。



・相手の設備の配置

・設備やトラップのレベル

・攻撃側が出したユニットや呪文の
座標と時間

・攻撃ユニットの進軍ルート

・攻撃結果



1本のリプレイから
これらの情報が汲み取れます。



そして
もっともっと沢山のリプレイを
人工知能に見せることで

「ユニットをこう出すと
破壊率が何%になる」

と学習してくれると
思うんですよ。



そして更にですね、
幾つかの配置を見せることで
トラップや隠しテスラの位置も
かなり高確率で
予想出来るとも思います。



プランニングの
流れとしては


防衛側の配置を
スクショしてインプット


攻撃側のユニットレベル等を
インプット


すると
人工知能が最適な
プランニング結果を出してくれる。



"0.00 X13.4 Y32.0 ゴーレム"
"0.01 X21.6 Y18.7 ウィザード"


こんな感じで
時間と座標で出すユニットを
指定してくれるんです。


これが出来たら
相当、楽に全壊出来ちゃいますよ。

どうです?
皆さん?








とまあ
以上が私の考えた
人工知能でのプランニングです。


完全に妄想なんですが
技術的には可能だと思います。



でも
これをやるのは楽しいですか?





以前ですね、
何かのテレビ番組で
人工知能が搭載された
「陶芸ロボット」を見たんですの。



陶芸職人は何年も何年も
修行をして一人前になっていきます。


その間
何回も何回も失敗を繰り返し
師匠の技を見て盗み

多くの経験を積んで
一人前になります。



その「陶芸ロボット」も
最初は何度も失敗をしますが
同じ失敗は繰り返しません。


最終的には
職人が醸し出す
微妙な力加減すら
習得していました。


短期間で
一人前になれちゃうんです。


しかも
その習得したプログラムを
コピーすることが出来るので

今までなら
一人前の職人を1人育てるのに
何年も掛かっていましたが

短期間で
複数の「陶芸ロボット」を
作る事が出来ます。


非常に便利だと
テレビの中で言っていました。





クラクラでは
どうでしょう?


配置と何時間も睨めっこしたり、
失敗リプレイを泣きながら見返したり、
クラメンに助言を貰ったり、

そう言う過程も含めて
「ゲーム」ですよね。



僅差の試合で
攻める前に手が震え、
そんな中で全壊出来たら
すっごい興奮します。


それで対戦に勝利したら
皆んなと喜びを分かち合ったり。



これをね
人工知能を使って
楽して全壊を獲っても
「ゲーム」じゃなくて「作業」です。


ドキドキも伝わらないから
皆んなとの一体感も生まれません。


クラクラは
私が大人になってから
初めて熱中出来たゲーム。


だから
機械に頼るのは
ちょっと勿体ないです。





科学シリーズ第3弾
「人工知能」編は
これで終わります。


最終的に
否定してしまいましたが
いろいろ調べてて面白かったです。




また何か
取り上げて欲しいリクエストとか
お待ちしております!




お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。











失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




さて前回の続きで
"人工知能を使ったプランニング"
について考えていきます!



その前に皆さん
「人工知能」については
よくご存知でしょうか?



何となく
知ってる情報としては


「コンピュータが自ら学習して
人間より優れた能力を発揮する」

こんな感じでしょう。




でもさ、
そのプログラミングをするのは
人間でしょ?

プログラマー以上の能力は
発揮出来ないんじゃね?


こんな風に思いますよね。
私も昔はそう思ってました。



なので
今回は「人工知能」について
さらっと書いてみます。

(私自身、専門家ではないので
生暖かい目で読んで下さい🙏)








これから私が
「ジャンケンロボット」を
作るとします。


頭部と胴体を作って
腕を1本付けましょうか。



頭部にはカメラとマイク、
スピーカーを内蔵して

腕の先端は
グーチョキパーを表現出来る
カラクリを作ります。



これだけでは
ただのジャンケン機械。


なので
コンピュータを内蔵させて
勝てるようにプログラムします。









〈普通のプログラムの場合〉



ジャンケンのプログラムを
するに当たって

Aさんと100回ジャンケンをして
それをビデオで撮影します。

そして徹夜で
ビデオを見返します。


だんだんと
Aさんのクセが分かってきました。


最初にグーを出す確率、
連続して同じやつを4度は出さない、
勝った後はパーを高確率で出す

などなど



更に
腕の振り上げ方や
声のトーンにも
クセが見つかりました。


それらを全て
コンピュータにプログラムすると
Aさんに対して
ほぼ負けないロボットが
完成します。





〈人工知能プログラムの場合〉


最初は何も
情報がありませんが

対戦結果や動画を全て記録して
統計を取るようにプログラムします。


開発者が気付かなかった共通点や
動画の僅かな違いも感知して
全て記録してデータ化します。



Aさんだけでは無く
Bさん、Cさん、Dさんと

複数人とジャンケンをして
どんどんデータを増やせば

新たな対戦相手の出す手が
予想出来るようになります。



試合をすればする程
強くなるロボットの完成ですね。



ざっくりと書きましたが

これが
"コンピュータが自ら学習して
人間より優れた能力を発揮する"

って事だと思います。





では今回はこの辺で。
次回に続きます〜



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。
















失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。



またまた始まります
全く人気の無い科学シリーズです。

今回で第3弾を迎える訳ですが
取り上げる題材は「人工知能」です。







私ね、

"クラクラのプランニングを
人工知能で行なえたとしたら
簡単に星3つを獲れるんじゃないか?"


↑こんな妄想を
してみたんです。



でもね、
その前に処理すべき事が
1点あります。





人工知能使ったらチートなのか?




そうです。
この問題を解決しておかないと
先に進めません。




えっとですね、

例えば
複数の防衛設備から受ける
秒間ダメージを計算したり

ある設備を破壊するまでの
攻撃回数を知りたい時など

計算機とか使いますよね?


外部の機器を使用しますが
これはチート行為に当たりません。




他にも
プランをイメージし易いように
敵陣の配置をスクショして

パソコンや外部アプリを使い
ユニットを出す場所や
進行ルートを予想したりもしますよね?


これもチート行為に当たりません。





人工知能を使ったプランニングは
これらの豪華版と言ったところ。

なので
私はチート行為に該当しないと
考えています。


安心して話を進められそうです。




今回はこの辺で失礼します。

次回は
人工知能の仕組みとかを少々。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。














失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。





さて今回の科学シリーズですが
5話目となってしまいました。


前回、
大砲を取り上げた時みたいに
3話くらいに収めるつもりでしたが
長くなってしまい
申し訳ありません。

オメガマンのせいです。




さて
テスラの塔による
電気攻撃の仕組み、

少しは
理解いただけましたでしょうか?




テスラコイルの特徴や
開発者のテスラさんのイメージから


現在でも
カルト系やオカルトファンから
支持を受けているんです。



特に彼の出世である
ヨーロッパ地方では

高電圧攻撃 = テスラコイル

というイメージが
強いのでは?
と私は推測します。







テスラさんは
交流の実用化に成功し
特許を取得しています。

他にも
ラジオ、無線トランスミッター、
リモコン、電気モーターなど

様々な発明をした
優秀な科学者。


しかし
何故テスラさんは
マッドサイエンティストと
呼ばれているのか?


それは
ある実験が元になっています。






「フィラデルフィア実験」


1943年

第二次世界大戦の真っ只中
アメリカ軍はフィラデルフィア沖で
ある実験を行いました。


「船体が発する磁気を消して
敵のレーダーに
察知されないようにする」

というものでした。



この実験は
映画にもなってます。






テスラコイルを使って
磁気を消失しようとしました。


今で言う
ステルス戦闘機みたいに
レーダー回避が目的です。




いざ
実験が始まりスイッチが入ると
強力な磁場が船体を包み
見事、レーダーから
認められなくなりました。



しかし
それだけでは終わりません。




船体は宙に浮き
発光体に包まれ
姿を消してしまいました。



船はフィラデルフィアから
2500kmも離れた
ノーウォークという場所に
瞬間移動してしまったんです。


さらに数分後
船は元の場所に
また瞬間移動して戻ってきました。







高電圧、高周波によって
時空を歪めてしまった船内は
悲惨な状況になってしまったんです。



身体が燃える。

半身が透明になる。

壁に身体がめり込む。





死亡、行方不明者が
16人という大惨事に
なってしまいました。


生き残った船員も
発狂者が6人出てます。



海軍の上層部は
この実験を隠蔽をし

十数年、明るみに出ることは
ありませんでした。









皆さん、
ここまでの話を聞いたら

スーパーセルの開発者が
「隠しテスラの塔」
どうデザインしたのか
分かって来たんじゃないですか?




電気攻撃の防衛施設を作ろう。


テスラコイルをモデルにしよう。
鉄塔みたいな見た目でさ。


ってことは
ステルス機能を持たせたら
面白いんじゃね?


じゃあ近づいたら
姿を現すことにしよう。


鉄塔が急に現れるなんて
無理があるかな?
まあ細かいことは気にするな!
ハハハハ!




企画会議では
こんな流れだったんだと
想像します。




この
「フィラデルフィア実験」は
私でも知ってるくらい
有名な都市伝説です。


恐らく
事実では無いと思います。



しかし
ゲームという仮想世界の中では
充分に使えるネタ。


スパセルスタッフは

「高電圧攻撃」
「ステルス機能」

この2つをヒントに
「隠しテスラ」を作り上げたのだと
私は結論付けします。








クラクラを科学する
「隠しテスラ」シリーズは
今回で終了します。


ニコラ・テスラさんの生涯や
各発明品の詳細など

今回めちゃくちゃ調べたので
ファンになってしまいました。



科学シリーズで扱うネタ、
何個かストックしてるので
また楽しみにして下さい。
(誰もいないか?)


あと
何かリクエストがあったら
コメントくれると嬉しいです。



以上で失礼します。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。














失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。



前回の記事が
真面目だと驚かれましたが

この科学シリーズは
一貫して真面目にやってます!




少しずつですが
テスラの仕組み解明に
近づいております。


今回も電気の仕組みを
考えていきます。



電気攻撃



物体には
電気抵抗値があります。


抵抗値が低ければ
電気を通しやすくて

高ければ
電気を通しにくいです。



金属は抵抗値が低くて
電気を通しやすいです。


水も電気を通しやすいです。


金属ほどではありませんが
人体も電気を通しやすいです。



逆に
ゴムやプラスチックは
電気を通しません。



では空気は?


空気って実は
電気を通すんですよ。


普通の電圧では流れませんが
かなり高電圧の場合
離れていても
空気を通って電気は流れます。


身近な例で言うと
雷がそうですね。







「テスラコイル」は
高電圧を作り出して
放電させる機械です。



これを踏まえると
隠しテスラは
雷に似たものを作り
攻撃をしていると予想します。




健康被害



電流の大きさを表す単位が
A(アンペア)なのは
皆さん知ってますね。


人間の身体を
1アンペアでも通過したら
かなりの健康被害が出ます。

死亡もあり得ます。



逆に言うと
アンペアが小さければ
人体への影響は少ないです。




たとえ電圧が
100万ボルトあっても
電流が小さいと
チクっとするだけです。



スタンガンがそうです。
数万ボルトの電圧ですが
人体に影響が出ないような
設計になってます。




では
電流が大きいと
人体にどんな影響があるのか?



まず火傷。


電気が流れる時に
抵抗があると熱に変わるんです。

電気コンロや電気ストーブの
電熱線はそれを利用しています。




人間の身体も
抵抗がある部分を電気が通ると
高熱になり火傷します。




次に壊死。



さらに大きい電流が流れると
身体の組織が壊れて
壊死が始まります。

最悪の場合
壊死部分の切断手術とかの
必要があります。




私は
隠しテスラの場合
レベルが上がる毎に
攻撃する電流が
大きくなると予想してます。




レベル1なんて
筋肉を少し痙攣させて

「痛え!」

くらいでしょうね。



マックスのテスラは
弱いユニットを
即死させるくらいの
電流が流れると思いました。






今回は以上で失礼します。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。













このページのトップヘ