クラクラ「自称ゆるくても勝てるクラン」ブログ

カテゴリ: コラム.the.Skywalker

大急ぎで病院へと向かった私。
1番近い整形外科まで
5分ほどで着きました。


やっぱ病院ってさ
スロープとかが
ちゃんと作ってあるから
歩きやすいですね。


手摺りも
当然のようにあるし。








受付で怪我の具合を
説明したんですよ。


すると
「労災にしますか?」
とか訊かれるわけよ。


労災にするなら
健康保険を使えないから
全額負担ですよ、とか
話が長いんです。



こちとら
立ってるだけで
ツラい状態なのに。



とりあえず
受付も無事終わり
待合室の椅子に座りました。



痛みがヒドい。
どんどん、どんどん
痛くなってきます。


足を床の上に置いてるだけで
とにかく痛い。




隣の椅子に
左足を乗っけたいけど

社会人として
それはどうかと思い
ひたすら我慢しかないの。



早く処置をして欲しいんだけど
なかなか呼ばれません。


救急車を呼んだほうが
良かったかも
とか考えながら
痛みに耐えていました。



我慢しすぎて
精も根も尽き果て


呼ばれた頃には
こんな感じだったと思います。












やっとのことで
先生に診てもらうことに
なりました。



この先生がね
ビッグダディにクリソツなんですよ。






あれ?
ここ整形外科だよな?
接骨院じゃないよな。


なんて思いながら
怪我の経緯を説明したんです。






「その釘は新品?錆びてた?」


って訊かれたんです。
やっぱそこ重要な情報なんですね。

思いっきり錆びてたし。
なんなら
雨ざらしで泥とか付いてたし。





「そりゃマズイなぁ。
下手したら破傷風になるよ」



破傷風とな。

破傷風ってあの怖いやつだよね?

むかし破傷風の映画を
見た事あるけど
恐ろしい病気だよね。





「とりあえず傷の中を
消毒しないといけないね」



と、いろいろ準備を
始め出しました。


でね
看護婦さんが2人も来て
僕の足を押さえ付けるんです。


なになに?
何が始まるん?


どうやら今から
足の裏に麻酔を打つとのこと。




「い…痛いんです?」


と看護婦さんに訊くと


「少し痛いですよ〜」


なんて笑顔で言うんですが
2人ががりで
凄い力で押さえ付けるの。


絶対、痛そうじゃん!


怖い!怖い!


増井さん怖い!



ちょっと待って!
ちょっと待って!




そんな願いも虚しく
増井さんがブスリ!




ぎゃぁぁぁ!
痛ってぇぇぇ!


くっそ痛いじゃん〜!!


泣きましたよ、ホントに。
実際に涙が出ましたもん。




僕ねえ
ハタチくらいの頃に
結石をやった事あるんですよ。


その時の痛みが
長年トップの座に
君臨してたんです。

先程の足裏ハンマーとか
すっげぇ痛くて
トップの座を獲りかけたんです。


でもね
この足裏増井さんは
ぶっちぎりで優勝ですね。


結石やハンマーに
5馬身くらい差を付けるくらい
ぶっちぎり。




マジで痛かったです。

私、今年で40になりますが
未だトップですね。





さて
麻酔も終わり
処置が始まりました。


それなのに
看護婦さん達は
足を押さえ付けたまま。



見えないから
何されてるか
分からないんだけど

傷口をエグってる感覚は
すっごいよく分かるの。


痛いんですよ。

麻酔してるのに。



カチャカチャ
グリグリと音が聞こえる度に
激痛が走るんです。




数分後に
やっと終わって

今度は破傷風の注射を
打つんです。



これは腕だったから
全然へっちゃら。
さっきのに比べたらね。



とりあえず全部終わり
ビッグダディと話しを
したんです。





「傷の消毒はしたけど
完ぺきではないからね」





「バイ菌をやっつけるには
体力が何より大事。
こっからが勝負だよ」





「しばらく安静にする。
お酒も飲まないように。
お風呂はシャワーだけにしてね」



ビッグダディは
丁寧に説明してくれました。



でも
僕にはビッグダディに
言わなきゃいけない事が
あったんです。



とっても
言いにくいんですが
言うことにしました。





「ビッグダ…
いや、先生。実は…僕ですね…」





「ん?」





「僕、明日から5日間
シンガポールへ行くんです」





「なぬっ?」










今回は以上で失礼します。

ん?続きますよ。
全然続きますよ。




お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。



















さて
やっとのことさ専務に会えて
用事を済まし、
軽く世間話を終えて
帰ろうとしました。



またガレキの上を
歩きだしたんですよ。


もうほんと歩きにくいったら
ありゃしない。



そうこう言いながら
えっちらおっちら歩いていると

左足に何やら
痛みを感じたんです。



「痛てててて。
何か踏んじゃったかな?」


そう思い左足を
上げてみると
木の板が靴にくっついてるんですの。


何かね、何かね、
嫌な予感しかしないんです。


恐る恐る
木の板を外してみると

長〜い釘が出てきたんです。



五寸釘って言うの?
あの長いやつ。


板に刺さってた
五寸釘の尖ってる方が
僕の足元で
上を向いていたんでしょうね。


んで
そのまま僕は気づかず
踏んづけちゃったんでしょうね。


グサリですよ。
グサリ。


いまブログに書いてるだけでも
そん時の感触を
思い出すくらい見事なグサリ。


スニーカーに履き替えて無かったら
こんなに見事なグサリじゃ
なかったかも。

革靴のままにしとけば良かった…



釘を見ると
血で赤くなってるんですよ。


「こんな長いのが刺さったの…」

そう思い
靴を脱いで靴下も脱いで
傷を見てみたんです。



するとね、
足の裏とね
足の甲にね
穴が開いてたんです。


貫通やん!

どう見ても貫通やん!


靴下もね
キレイに上と下に
穴が開いてるの。


やだやだやだやだ!

見るんじゃなかった!
見るんじゃなかった!



もう
テンションだだ下がりですよ。


しかも
時間が経つにつれて
痛みがどんどん
酷くなってくるんすよ。


とりあえずガレキの山から
降りないとと思い

再び歩き出したんですが
激痛に次ぐ激痛。

しまいにゃ
這うように歩いてました。


そして最後の難関
3mを降りるSASUKEが
僕を待ち受けてます。


正直この足で降りることは
至難の業っすよ。


降りると言うか
端から見たら
転げ落ちてる感じだったかも。


いま思うと
よく二次災害が起きなかったなと。


もう1本くらい
釘が刺さっても
おかしくない転げっぷり。


周りには
まだまだ数人の
作業員の方が仕事してて
ちょっと恥ずかしかったです。


何とか地面に降り立ち
何事も無かったかのような
振る舞いで事務所に向かいました。



「すみません…
ちょっと怪我しちゃいまして…
消毒液みたいなの有りましら
貸してもらえませんか?」


そう言うと
事務員さんが消毒液と
ガーゼを持ってきてくれました。


傷口を消毒してみると
これまた激痛。

でも我慢して
消毒してたんですよ。




すると
専務が事務所に入ってきて
僕の姿を見るなり


「何だ!おまえ釘踏んだんか?」


と言い
奥からハンマーを出してきて
僕に渡すんです。







「傷の周りをハンマーで叩いて
血をいっぱい出せ!」


と言ってくるんです。




どうやら
錆びた釘を踏むと
バイ菌が入るから

ハンマーで叩いて血を出し
バイ菌を出すとのこと。



ここの会社は
たまに釘踏みの怪我があるみたいで
応急処置は慣れてる様子。



でもね
足が全体に痛いのに
ハンマーで叩くなんて
自殺行為ですよ。


ちょっと躊躇ってたんですが
専務の目も気になるんで
意を決してやってみたんですの。



足の裏をハンマーで
ドスン!



ぎゃぁぁぁ!



とんでもない痛みですよ。
地面に足を付けるだけで
痛くて歩けないほどなのに
ハンマーでドスンなんて。




「もっと血を出して!」



専務は心配して
言ってくれてますが
ホントに痛いの。


でも
やりましたよ。



ドスン!



ぎゃぁぁぁ!



ドスン!



ぎゃぁぁぁ!



地獄絵です。


玄関であぐらかいて
自分の足の裏を
半ベソ状態の男が
ハンマーで叩いてるんですよ。




ちなみに
「ぎゃぁぁぁ!」は心の声です。


さすがに
人様の会社の事務所で
悲鳴はあげられないっすよ。


でね、
何発もドスンしたんですが
血がちょっとしか出ないんです。


ホントにコレ効果あんの?


なんて言葉が
喉まで出てきましたが
ドスンを続けたんです。




すると専務は

「よし!すぐ病院行った方がいい」


って言うの。



うそーん。
ドスンのくだりは何でしたん?



僕だって
すぐ病院に行きたかったのにぃぃ。



なんて思いながら
借りたハンマーを
消毒して返したんです。




ただ痛かっただけの
無駄な時間を過ごし


病院へ向かうため
車に乗りました。



これ踏んだのが右足だったら
運転出来てないっすね。

てかマニュアル車だったら
八方ふさがりでしたね。



こうして僕は
近くの病院に電話して
向かうことにしました。



時刻は6時過ぎたくらい。

若干、薄暗くなってました。









今回はこのへんで失礼します。
次回に続きます!



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。
















むかしむかし、
吉田松陰は南蛮の書物を
読み漁り

その中でも面白かった
「シンドバッドの冒険」を
周りの皆に見せたそうです。










失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




何年前だったか忘れましたが
私がまだクラクラを
始めてない頃だったので
5年くらい前の話。


暑い暑い7月でした。
午後5時過ぎぐらいだったかな。
夕方でしたが
まだまだ全然明るかったです。



仕事の関係で
ある業者さんに訪問したんですの。


そこは
解体された家屋や
木パレットなどの
廃材を処理するような仕事を

市から請け負う
民間の会社さん。




そこの専務さんに
ある書類を見てもらう為に
事前に何度かアポを取ろうと
したのですが

昼も夜も
なかなか忙しそうで
会う約束が出来なかったんすよ。




そこで、夕方なら
「会えるかも」と思い
訪問してみたんです。



事務員さんに尋ねたところ
専務はヤードの方に居るとのこと。


よっしゃ!
やっと会えるぞ!


と思い、
靴をスニーカーに
履き替えて
ヤードの方に向かいました。



そこのヤードの敷地が
すっげぇ広くて

ガレキの山が3mくらいの高さで
積み上げられてるんです。

専務はその上に居るんで
気合い入れて
登ったんですよ。

もうね、
SASUKEかと思う難易度。





上に来ると見晴らしが良くなって
専務の姿が見えてきました。


それでも専務までの距離は
50mぐらいあります。



「専務〜!」


ってハイジがペーターを呼ぶが如く
大声で叫んだんです。


この時には
わたし既に汗だく。

あと少しで専務に会える♪
ガレキの上は歩きにくいけど
念願の専務に会える!


会ったらハグでも
しちゃおうかと思ったくらい。



「専務〜!お久しぶりです!
突然押しかけてすみません」



なんとか歩き切り
専務の元に到着できたんです。


時刻は5時半くらい。
まだまだ明るく
そして暑かったです。




そして
このあとの私に
一生忘れられない出来事が
起きるとは思いもしませんでした。



次回に続きます。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。



















失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。



どうでもいいと
思われそうですが

わたし
極度の寒がりなんです。


夏でも
クーラーが効いてる部屋に居ると
寒くて仕方がないんですの。








どうでもいい?



そんなこと言わずに
私に関心持ってください!



以前、
会社の部下が


「twitterやってる奴なんて
カマってちゃんでしょ!」


と言ってましたが
あながち間違ってないでしょうね。


こちとら
更にブログまでやってる
カマってちゃん。




でまあ
それは良いとして
寒がりなんですよ。



普段、革靴を履いてるんですが
すぐに足の指の感覚が
無くなってきて

ほっとくと
すぐにシモヤケになっちゃうんです。


子供みたいでしょ。



もう
毎年シモヤケに悩まされてて
冬が大嫌いなんですの。



でも
ある食べ物を発見して
その悩みが
解消されたんですよ!
(通販番組みたいになって来ました…



ズバリ!
アーモンドです!


会社の事務の子に
教えてもらったんですが

シモヤケには
ビタミンEが効くらしくて

身近な食べ物の中では
アーモンドが良いみたい。




気になって
ヤホーで調べてみたところ

ビタミンEには
血がサラサラになって
血行を良くする働きがあるんです。


過剰摂取すると
サラサラになり過ぎて

出血した時に
カサブタになりにくい
って書いてあったけど
まあ問題ないですね。



この前アーモンドを買って
ちょこちょこ食べてみたんですが

シモヤケで
パンパンに腫れてた足の指が
次の日には
痛みが全く無くなったんですよ!


これはホント凄いです。
長年の苦しみが
解消されたんですよ!

嬉しい〜!



でもね
私かなりの少食でして
(またどうでもいい情報)

アーモンド食べ過ぎると
胸やけがしちゃうんです。


ゴメンね。
こんなワガママボディで。




だから
事務員さんに他の食べ物を
訊いてみたんですよ。
ビタミンEの多いやつを。


そしたら
「煎茶の茶葉」
ビタミンEが多いみたいなの。



煎茶はよく飲むけど
それの茶葉かぁ…


「あんなん
どやって食べるん?」


って訊いたら
すぐに調べてくれて



「茶葉のおひたしとか
あるみたいですよ〜」


「簡単そうだから
今度、作ってきましょうか〜♡」



って
可愛いこと言ってくれるんですよ!



会社に持って来てもらうのも
申し訳ないんでね、

私の方から
お宅に伺いますよ!いひひ!



シモヤケバンザ〜イ!!









2っちぇJAPANでは
リーダーをカマってくれる
メンバーを常時募集しています。




それでは
今回は失礼します。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。

















失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。





久しぶりにtwitterを見てたんですが
またチートに関する話題が
多くありました。



誰がチートを使用しようが
僕は全く興味もないんで
深く読んでません。


昔からゴシップとか興味ないし
野次馬根性みたいなのも薄いし。



でも
チートによるアカウント停止処分て
少し前からクラン単位で
執行されるようになったもんだから

一応、
クランのリーダーとしては
情報を得て

有事の際には
適切な対応をとる必要があります。



「知りませんでした〜」

とは言ってられないもんね。


まあメンバーの中に
チートを使ってる人は
居ないと思うんで
杞憂に終わると思います。





でも、ちと待てよと。


僕が休養して14日間くらいは
クラクラに全くインしてなくて
放置状態だったんですの。


もしや
アカウント停止処分されたと
思われてないかな?


待てよ、待てよ。


誓って言いますが
僕はチートツールを使ってないし
勿論、アカウント停止処分にも
なってないです!



えっと…

クラクラにインしたのが
今月の8日。


僕が休養に入ったのは
いつだっけ?


連邦戦が先月の24日に終わって
その次の日くらいに
イベントクランを抜けたっけかな。



ちょっと数えてみましょ。






あれ?

ちょうど14日間じゃね?




これはマズイ。
非常にマズイ。


状況的に真っ黒ですね。
今まで不自然なくらい
全壊を奪ってますもんね、僕。



うわぁ〜
これ完全に疑われるやつだぁ。



でも
こういうの気にすると
おちおち休養も出来んすね。



10日おきくらいでインして
アリバイ作る必要がありますやん。



不正をしているプレイヤーのせいで
こんな影響を受けるとわ!


なんて迷惑な奴らだ。





昔ってね
飛行機に乗るのが
今よりずっと楽だったんですの。



でも同時多発テロの発生以降
すっごい面倒くさくなったんすよ。



機内に持ち込む手荷物とか
なんかメチャ厳しいし。



テロリスト達は
そういう迷惑とか
もっと考えて欲しい!




チーター達も同じよ!

ちょっと休養するだけなのに
要らん気を遣わせるんじゃない!





ということで
メンバーの皆さん。

次にインするのは
13日間以内にします。





それでは失礼します。

お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。

















このページのトップヘ