クラクラ「自称ゆるくても勝てるクラン」ブログ

カテゴリ: コラム.the.Skywalker

失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。







東京オリンピックの誘致の際
きな臭い疑惑がありましたよね。

各国が開催に向けて努力し
インフラ整備をしたり
プレゼンテーションしたり。


そんな中
不正に誘致を図るのは
良いものとは言えません。


限られた人に
権力を(決定権や人事権など)
集中させないような
工夫が必要でしょうね。










さて私は、

相変わらず放浪の旅が
続いてます。



今は「壁塗り倶楽部」さんに
お邪魔させてもらってます。



壁塗りさんと言えば
カズコグループの中でも
トップクラスのガチクラン。

しかし
リーダーのトリコさんを筆頭に
カズコで馴染みの人が多いから
割と柔らかいクランなイメージです。




人は柔らかいんですが
対戦の方はやはりガチ。




開戦して2時間程で
もう殆ど埋まっています。


リプを見学させて
もらったんですが

相手クランには悪いけど
壁塗りさんの相手にも
ならんですな。


全壊の良リプが
たくさんあったので
今回も勉強になりましたね。





でね、
皆さんと交流してた時のことです。






話題はカズコイベントの
MVPの件が出ました。

こればかりは
まだ発表前でして

「決まってる」とも
「決まってるない」とも
言えない状態。







トリコさんも
MVPの行方は
気になってるみたいですが

発表の仕方とか
まだいろいろ考えたいし…


やはり
この件に関しては
口を閉ざしておこう。



そう思ってた矢先に





危うく買収されそうに
なったんですよ。


歴史と伝統のある
カズコMVPの栄冠が

ハムと引き換えに
なるところでした。




やはりね
私1人が決定権を持っているのは
中々危険ですね。



よくよく考えたら
放浪の旅で訪問したクランは
皆んな私をおもてなし
してくれたんですよ。


もしかしたら
私に対してよりも
カズコMVPに対してなのかも。



カモがネギ背負ってきた



こんな目で
見られていたのかも。


怖い!


そういえば
先日、石川式さんに
行った時も





こんな感じでしたね。





怖い!


皆んな私を
そんな風に見ているのね!



これで私に
もし決定権が無かったら

ツバを吐き、罵詈雑言を浴びせる
そんな対応するんでしょうね!


嗚呼、
カズコは私の想像以上に
大きくなってしまいました。



皆んな目を覚ませぇ〜!



仲良く交流をするのが
イベントの趣旨の中の1つ。


争いの起因となるようなMVPは
私がこの手で封印します!


嘘です!
封印しません!


ここで封印したら
余計荒れそうですから

発表はちゃんとします。




という事で
今回は以上です。




今週末は
「2っちぇJAPAN300勝記念対戦」
なので

放浪生活から
一時帰宅する予定です。



2っちぇの皆さん
久しぶりですが
よろしくお願いします!



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。














失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。



放浪の旅が続いております。



石川式さんの次に訪れたのは
「ちょび定食」さん。



かずこの天井には
グルさんが出場してくれました。


イベント期間中に
中々絡めなかったので
気合い入れて行ってきました!



ちょび定食さんの
補足解説を少し。

th9 が主体なクランさん。
リーダーは「アンチョビ」さん。

若い人が多くて
元気が良い雰囲気でした。




皆さんしっかり挨拶してくれて
緊張してた私でしたが
すぐ馴染める事が出来たんです。

やっぱ
良いクランって
雰囲気が良いですよね。



入って最初のうち
グルさん居なかったんですが

他の人達が
いっぱい話しかけてくれて
ホント嬉しかったです。




私の好感度を上げる事にも
大成功したので
非常に満足してます。







グルさんはボスゴリラとの
噂を聞いたので

次回カズコの時まで
皆さん覚えておいてください。






そして
次に伺ったクラン様は
「ZAZENBOYZ」さんです。


むーさんがリーダーの
クランですね。


カズコとザゼン、
引いては2っちぇとザゼンは
もう切れない関係です。


皆さん相変わらずのノリで
なんか安心するというか。

オッサンのノリで
妙な安心感を得るんすよね。





んで
アンズ式で有名なアンズさんが
いらしたんですの。


ザゼンでクラン戦が始まった早々
相手の1番を全壊…





噂には聞いてましたが
生で見るとホントに凄い。


th10時代、
とうたんがアンズ式を教わって
2っちぇに帰って来たんですよ。

それを私も見て
練習させてもらったアンズ式。



確か私がth10カンストを
初めて落とした攻撃が
アンズ式です。


ウォーデンのトームと
相性が良さそうなので
th11でも使えると私は思ってます。


アンズ式を勉強して
少しでも習得出来れば…

なんて
考えております。







2っちぇの皆さん、
お礼廻りのつもりが
武者修行みたいになってきました!


もう少し
旅を続けます!


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。














前略、
2っちぇJAPANの皆さんへ


私が留守の間
お元気でお過ごしでしょうか?








かずこの天井が始まってから
今の今まで帰ってないので

もう私のことなんて
覚えてないかも知れないですね。
(大爆笑)




あー、私の居ない
2っちぇJAPANって
どんな感じなんだろう。


もしかして皆んな
私が居ない隙を狙って
モネさんをイジメてるかもな。


そんな行為は
絶対に許されません!


しかし残念ながら
私は監視することが出来ません。



クラン内で何が起きようが
知るすべが無いのです。



だから私は注意喚起しか
出来ません。



いいですか皆さん、
モネさんを絶対に
イジメてはいけません。


「やーい!やーい!ホモネオ〜!」

とか
絶対にやめて下さいね。

クラン内で絶対に
言ってはいけません。

私が居ないからといって
決して言わないで下さいよ。

絶対ですよ!


私は監視出来ませんから
言ったところで
お咎め無しですが

絶対に言わないで下さい。



今なら
どれだけモネさんをイジメても
私にバレませんが

私は皆さんを
信用するだけです。


まあ大丈夫でしょう。





私はカズコを抜けてから
「ぴーすv」を伺いました。

その次に
「石川式〜零〜」にも
足を運びました。



ぴーすvは
色んなクランのカズコ参加者が
サブ垢で在籍してたので

もうこれで
挨拶廻りは良いかな?
なんて思っちゃいました(大爆笑)


対戦も覗いたんですが
パーフェクトを達成してまして
「ぴーすv健在!」って感じでした。




石川式さんは
初回イベントの時から
毎回多数の方が
参加してくれる


かずこの天井には
欠かす事が出来ないクラン様ですね。



石川式さんを伺うのは
実は初めてなんですが、
知ってる人が多くて
全く緊張しませんでしたね。



クラン戦を覗くと
ちょうど日本戦の最中で
熱い闘いが行われていました。





放浪をしてて思ったのは、

『クランの数だけ物語があって
今日も熱い対戦が繰り広げられている』



確かにイベントの時
皆んなが集まって盛り上がり
非日常的な熱さがありました。



各々のクランへ戻っても
そこには熱い対戦が
待っています。


毎日が特別な存在なんです。



私はクラクラを
そう思います(大爆笑)





2っちぇJAPANの皆さん
もう少し放浪を続けます。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。












失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




MVP選考のために
2っちぇJAPANを勝手に飛び出し
放浪の旅を始めた私。



昨夜は深酒をせず
早々にホテルへ戻ったので
朝の気分は上々。






とは言うものの
早く寝るつもりでしたが
クラロワを遅くまでやってしまい
若干、後悔の念が。



そしてやはり
スカッシュが尾を引き
身体中が痛い。


ダイビングをしまくったので
ヒジや膝がアザだらけ。


次スカッシュをやる時は
サポーターが必要ですね。




朝食バイキングの時間まで
結構ヒマだったので
近くにある朝市へ
行ってみました。






ここに歩いてくるまで
既に身体が痛い。


スカッシュなんて
何故やってしまったのか。


そんな想いを胸に
市場を散策。


もちろんカズコの事を
忘れてはいません。


お土産に
数の子を買ってみました。




ホテルで朝食を済ませ
港の方へと歩きました。







寒い。


とても寒い。



北の大地に吹き付ける風は
私の思考回路を凍らせるのに
時間は掛かりませんでした。



こんな状態では
MVP選考は満足に出来ない!



時間もそろそろお昼時。
何か温かいものでも
いただくとしましょう。




ここら辺で有名な
ラーメン店に入りました。



中でも塩ラーメンが
美味しいらしく
行列が出来ていました。







実を言うと私
ラーメンを食べるのは
もう数年ぶり。


少し食べたら
もうギブアップ。


写真の状態まで
何とか頑張ったんですが


「全然減ってませんよ」

皆んなに言われる始末。


なんかね
口の中が油っぽくなって
気持ち悪いんですよね。



しかし
店内で体が温まった私は
五稜郭公園へと向かいました。






気持ちのいい庭園の中
景色を眺めながらの散策は
MVP選考の集中に
とても適していました。




第3回大会の時
皆の度肝を抜いた
「ななはやみう」さん。


ハードルが上がった状態でしたが
今回もスーパープレイを
炸裂させておりました。



あと開幕前から注目していたクラン、
「熱血!荒木塾」から参戦した
「栄一ダビッドソン」さん。

ジャンプ呪文を3つ使った
斬新なプランニングで
皆んなを沸かせていました。


この栄ちゃん、
3つのジャンプを先打ちした部分など
「魅せる」ことを完全に意識した
スター性を持ったプレイヤー。



これはますます
MVPの行方が分からなく
なってきましたね。




もっとじっくり
考える必要があります。




五稜郭タワーを昇って
集中することに。








かずこの天井は
空軍イベント。


やはり
空に近い場所が相応しい。


私は極度の高所恐怖症ですが
選考のためには仕方ありません。






この五稜郭タワーを昇る前、
展望台へのエレベーターを
並んでいる時です。

同僚が取引先の方と
電話をしていたんです。



「あ、はい!そうです。
その件に関してはですね、
一度お見積もりを作成しまして…」



同僚は電話を中々
切らせてもらえない様子。



エレベーターの中に入っても
まだ電話をしています。


僕らの他にも
たくさんの観光客がいるので
後で掛け直せよ、と思って
見ておりました。




エレベーターガールの
お姉さんが扉を閉めて
展望台に向かって
上昇を始めます。



お姉さん

『本日は五稜郭タワーへ
お越しいただき、
誠にありがとうございます』



同僚

『いえいえ、とんでもございません!
こちらこそお世話になります!』



同僚の電話対応と
お姉さんのセリフが
妙なマッチングをし

僕らだけじゃなく
他の観光客の方も
クスクスとし始めました。





お姉さん

『この五稜郭タワーは
高さ107mありまして…』



同僚

『いや、そんなに高く無いっすよ!
自信あります!任せて下さい!』




エレベーター内は
皆んな笑いを我慢するという
異様な雰囲気でした。





お姉さん

『間も無く、到着します』



同僚

『はい!つきましては、
弊社が指定している業者を…』




もうね、ここまで来ると
わざとじゃね?
と思いましたが
当人は真剣な表情。



アンジャッシュのコントを
見てるような気分でした。



えっと…
何でしたっけ?



そうそう、
カズコMVPですね。



まだまだ
じっくり考えたいと思います!




今回は以上です。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。















失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




放浪の旅に出たは良いけど
まだ何処のクランにも
伺えておりません。








お世話になった人へ
お礼をしたい。



そして
『MVPカズコ』の選出


ゆっくり熟考しないと。




誰が一番
カズコMVPに相応しいのか。




その前に
まずは腹ごしらえをば。







なんだか
有名なお店との事。


「ラッキーピエロ」



と言って
市内各地で見かけましたお店。



MVP選考の前に
お腹を満たさないとね。









「しゃあさん、インスタ映えとか
気にするんですか?w」


私がスマホで撮影していると
部下からそんな言葉が。



非常にやかましい。



こちとら
MVP選考に集中したいところ。



しかしこのセット。
一番人気とのことで
注文したのですが
なんと650円!


安い!安すぎる!


この値段で経営が成り立つのか
いささか心配。



聞くところによると
テリヤキ味らしいので
部下に全部あげました。



高校生くらいの頃は
テリヤキ最高!って
思ってましたが


この歳になると
胸焼けが心配。


選考の方にも
支障がきたす恐れから
今回はパス。









精神を集中させようと思い
高台へと登ってみました。



ここなら
選考に最適な場所と
思いましたが

思いのほか凄い人だかり。



中国語が飛び交う中
私はカズコイベントを
振り返りました。






……




やはり中国語が邪魔で
集中出来ない。







「その写真、バズると良いですねw」



私がスマホで撮影していると
部下が馬鹿にしたような言い草で
からかって来る。



ホントにやかましい。



ハンバーガーを返せ。
少しは恩を感じなさい。








日もすっかり暮れ
居酒屋へと洒落込むことに。


ビールと日本酒を堪能。


目を瞑ってイベントを
振り返ってみる。




今回もフレチャが活発で
とても有意義でした。


「あの人、いっぱい練習してたな」


「あの人、配置を出し続けてたな」


そんな記憶が
だんだんと蘇ってきます。



そうこうしているうちに
一次会はお開き。



次は各々行きたいお店へ
別れることに。



私も悩みました。


キャバクラにしようか。
スナックでしっぽり飲むか。


しかし私は
ホテルにスポーツ施設があったのを
思い出し提案してみました。


すると数人が
私の案に賛同し
付いてきてくれました。



ホントはね、
冗談で言ったんですが
まさかの展開です。






ランニングマシンや
トレーニング機器、

卓球やビリヤード
シミュレーションゴルフなど
様々なものが出来ます。



中でも目を引いたのは
「スカッシュ」です。


スカッシュなんて
なかなか経験出来るものじゃ
ありませんね。


一丁やってみようか!








まず皆んなで
ルールを覚えるとこから
始めました。



やってみると
結構楽しい。


そして
かなりの運動量。


つい先程まで
酒をしこたま飲んでいたので
ゲロ吐きそうな程ですが


まだまだ20代の連中には
負けてない!(と思う)



結局2時間くらい
汗を流し
もうヘトヘト。



旅に出てスカッシュするなんて
思いもよらんかったです。




「今から一軒行きますか?」



時間はまだ22時を回ったところ。
確かに飲みたい。


しかし私には選考の仕事が
残っております。


それに2っちぇの対戦も
気になるから覗いておきたい。


今夜は
もう部屋に戻って
シャワーを浴びてから
クラクラをしよう。




MVP選考には
悔いを残したくない。



2っちぇJAPANの皆さん、
ホームに帰るのはもう少し
先になりそうです。


ご迷惑をかけますが
よろしくお願いします!




今回は以上です。




お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。












このページのトップヘ