<前回のゆる勝て>

しゃあ少年の中学生時代、
甘酸っぱい初恋の想い出を
赤裸々に語らせていただきました。




失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。



久しぶりのブログ更新と
なりましたが

盆休みの6日間
仕事もクラクラも
存分に休ませてもらいました。




前回、中学生の頃の話を
書きましたが

今回は小学生の頃の
夏休みに関する話です。



盆の間に
旧友たちと呑む機会がありました。


その時に思い出した
とっても懐かしい出来事。


しゃあ少年が経験した
淡い淡い夏の想い出。


今回、クラクラ要素はゼロなので
興味無い方は
読み飛ばしてください🙏


今から
ちょうど30年前の出来事。








1987年

国鉄が廃止され
JRが発足された年、

しゃあ少年は
小学4年生になっていました。




夏休みの期間中の5日間
毎年「水泳教室」が
市民プールで開かれていました。






夏休み前に学校の先生から
参加するかどうかを
訊かれるんですの。



なんかね、
その「水泳教室」って
ちょっとダルいんです。


内容が初級過ぎる感じで
「泳げん奴が習えばええやん」
と思ってました。



でも
僕ら夏休みにする事って
市民プールに遊びに行くくらいしか
無かったので

不参加にすると
ヒマになっちゃうんすよ。


だから結局
なんだかんだ毎年参加してました。



その年の水泳教室も
凄い人数が来ていました。


5日間もダルいなぁと
思いながらも
初日が始まりました。








この「水泳教室」
学校からの案内で募集されますが

多分、学校側は
ノータッチだったと思います。

いま思い返すと。





コーチがね
10人くらい居たかな。

男のコーチと
女のコーチが半々くらい。



当時は何も考えて無かったけど
大学生の兄ちゃん姉ちゃんが
バイトで来てたんだと思う。



そして
練習が始まる前に
皆んなの前で

コーチの方々が
自己紹介と挨拶を始めましたが



この時
僕は自分の目を疑ったんです。





女のコーチたちの水着が
薄々過ぎて
おっ◯いが丸見えなのです!



水着の色もね
薄いピンク色でして
肌色の近いくらい。


B地区の位置や形が
一目瞭然になってるんすよ!



二度見、いや三度見…
百度見くらいしましたが
女コーチ全員の
杯乙が丸見えの状態。



「まさか俺に透視能力が
備わったんじゃあ…」



小学生に有りがちな
超能力に憧れる的なやつ。


だってね
僕以外の誰もソワソワして
ないんですよ。


んで
普通に自己紹介も
進行されてくんすよ。


もう一回言います。



もうタイツなんじゃね?
ってくらい
薄い薄い生地の水着、

ボディラインも
くっきりと現すほどの
ピッタリ感、

そして薄いピンク色、
いやトキ色と表現しましょうか。
ほとんど肌色。


そして
見事なまでの透けB地区。


いまでも
静かな部屋の中で
瞑想してみたら

全員分のB地区を
思い出せるんじゃないかな?



私が座禅を組んで
集中しておりましたら

30年前の
B地区を思い出していると
結論付けてくれて結構です。




そのくらい
ハッキリクッキリと
見えてたんです。








賢明な読者さんなら
この後の展開も
予想出来ますよね。


そうです。

陸の上でも
その透け具合。



講習が始まり
女コーチ陣が
水の中に入った後は…



もう想像出来ますよね?



凄かったです。



しゃあ少年には
刺激が強過ぎました。



遠目で見たら
もうスッポンポンですよね。


むしろ
スッポンポンよりエロいんじゃね?


水着ってさ
サポーターとか
付いてるんじゃないの?


しかも
あれだけ透けてたら
女コーチ同士で気づくはずじゃん。


でも
誰も恥ずかしがることも無く
手で隠すこともせず
普通にコーチしてるんです。



本気で透視能力かと
思いましたよ。



そりゃ意味も無く
女コーチの近くを
ウロチョロしますよ。


なんせ
見放題ですもん。



休憩時間とかに
女コーチたちが
ストレッチしてましたが
凄い光景でしたよ。


完全にAVの世界すね。
(当時はまだ見た事ないけど



まあ
その時もウロチョロしますよね。



そんなこんなで5日間
全員の乙杯を目に焼き付けて
水泳教室は終了しました。










次の年、
また夏休み前に
水泳教室の案内がありました。



そこで
しゃあ少年は前年の
夢のような杯乙天国を思い出します。



実を言うとですね、
4年生のしゃあ少年は
杯乙の事しか
知らなかったのです。



5年生にもなると
少しは知識が増えております。


女性の身体には
杯乙よりももっと神秘的な
箇所がございますよね。



「あの時
杯乙ばかり見てないで
オマタも見ておくべきだった!」


5年生のしゃあ少年は
この想いでいっぱいです。




多分ね
担任の先生から
案内があった時

結構、喰い気味で
返答しましたね。



「今年の水泳きょうし…」


「参加します」



椅子に深くしっかり腰掛けて
背筋もね真っ直ぐ。

私の人生で
1番姿勢が良かった瞬間です。



右手をピンっと挙げ
非常に落ち着いた声での


「参加します」



まだ声変わりしてませんでしたが
とても低く、そして通る声でした。




目標を持っている少年の目は
とても澄んでいて

やや遠くを見つめるような
そんな眼差し。



オマタを見る。


その一心です。








待ちに待った日が
やってまいりました。



前日までの
シミュレーションは
バッチリです。


ウロチョロも良いですが
狙うは平泳ぎの時です。



ゴーグルも
新調いたしました。


色付きレンズが
流行ってましたが

男は黙って透明レンズです。



母ちゃんの部屋から
メガネの曇り止め液も拝借し
準備万端。


俺の夏が来たぞ!!


水泳教室が始まる前から
鼻息が荒くなってました。




しかし
今年の水着はなんか
様子が違う。


去年のような
スーパーハレンチレオタードではなく

分厚い生地で
色も黒っぽい
「ザ・競泳用」みたい。


水の中に入っても
全く透けません。



オマタどころか
B地区すら見えないのです。



終わった…


8月の頭でしたが
僕の中での夏休みが
ゴロゴロと崩れ落ちた瞬間でした。









旧友たちと
呑んでいた時に

水泳教室の話になり
この時のことも
話題に出ました。



私以外の皆んなも
杯乙を密かに拝んでたらしく
今でも強烈に覚えているとのこと。



それでね
私は知らなかったのですが

数年後(中学生の頃くらいなか?)
あの年の水泳教室の話題になり

「伝説の水泳教室」と
呼ばれているみたいなのです。




やはり
私だけの透視能力では
なかったのね。



皆んなね
ウロチョロしてたみたい。


私が翌年
ゴーグルを新調したと言ったら
笑われてしまいましたよ。



あの「伝説の水泳教室」の時、
私にもう少し知識があったら

オマタも見てたのになぁ
と今でも後悔しております。



て言うかさ、
男のコーチたちって
絶対見てますよね、オマタ。


めっさ羨ましいぃぃ!


バイト代も貰って
オマタも見放題とわ

なんて素敵な
バイトなんだ!



そんな気持ちが
有ってか覚えてませんが

私、
大学生の時
プールの監視員のバイト
してました。








2っちぇJAPANでは
少年の心を持ち合わせている
メンバーを募集しています。


今回はこんな所で。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。