失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。






大砲の砲台が回る仕組みを
書いてきましたが

今回はいよいよ
弾が発射する仕組みを
考えてみました。







砲身内部の
ケツの部分(ボトム側)に
装薬と砲弾を詰めます。


クラクラの大砲については
装薬に火薬が使われてると思います。



んで

「火薬を着火し爆発させて、
その勢いで弾を発射させる」


皆さん当たり前のように
こう思ってませんか?


どのようなメカニズムで
発射するのか
掘り下げてみます。





①爆発によるエネルギーの発生


火薬に着火すると
そこの空気が一瞬で熱せられ
大膨張するんです。

これが一般的に言う爆発です。

密閉された室内では
内側の圧力が急激に上昇します。




②圧力の逃げ場


「パスカルの原理」って
覚えてますか?

「密閉容器内の流体は
容器の形に関係なく
全ての面の圧力が等しい」





爆発によって上昇した圧力は
全方位に作用します。


ただ
砲身が頑丈に出来てるので
穴の開いているヘッド側に
圧力が逃げようとするんです。


この空気圧によって
弾が押し出されるという寸分。




③砲身の長さ


弾を発射させるだけなら
砲身に長さは必要ないです。


でも
火薬が毎回同じ爆発をするのは
絶対にありえないので

弾の飛ぶ方向を
安定させる為に
砲身を長くしています。






これが
大砲の弾が発射される
メカニズムですね。

いやぁ
軽く始めたつもりでしたが
長くなりそうなので
大砲に関しては
一旦終了とします。



他の題材も
いろいろ考えてありますが

何かリクエストとか
有りましたら

是非コメントしてくれたら
嬉しいです。






今回は以上で失礼します。


お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。