失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。




クラン戦が実装されて3年。


それまでクラクラの幹は
ファーミングやトロ上げでしたが

今ではもう
クラン戦がクラクラの醍醐味といって
過言では無いと思います。





僕が2っちぇJAPANのリーダーに
就任したのも

クラン戦が実装された
3年前の4月の頭くらい。




最初の頃は全然勝てず
いろいろ悩みましたの。


メンバーと口論になる事も
しばしば。



何度も微調整を繰り返し
今の形に至るって感じっすわ。






昔はね
対戦ガチクランと
まったりクランと 
二極化してたんですよ。



んで
我が2っちぇJAPANは
「ゆるくても勝てる」を
打ち出した最初のクラン。


他にもあったかも知れんけど
ブログとかで言い出したのは
元祖だと自負しております。





でもね
「ゆるくても勝てるクラン」って
言うとさ

「うぇーい
ウチらは緩いぜぇ〜」

って
"適当なクラン"だと
誤解されがちなんすよ。





ハッキリ言わせてもらうと
僕らは緩いだけのクランじゃなくて

ゆるくても勝てるクラン
なんすよ。




ホントに
何度も何度もクラン戦を重ねて
積み上げきた形なんです。




メンバーの皆さん
凄く優しいし

クラン戦に関しては
かなりガチですし

他人を責めることは
今まで、一度もないです。




僕が1人で
「ゆるくても勝てるクラン」って
言ってもダメな訳で

メンバー全員の理解があった上で
成り立つ形なんですよ。



厳しくルールを決めて
勝ちを目指すのも
大変だと思うし
面白そうとも思います。


しかし
僕らは「緩さ」と「勝利」を
両立させる努力をしてますの。



ウチのメンバー
結構クラクラ上手いんですよ。


んで
真剣にクラン戦を
楽しんでくれてるんです。



こんな皆んなと
もっともっと一緒に
遊んで行きたいと思う
今日この頃。




今日は
リーダーを3年務めて感じた
クランに対した感想です。



お相手は
しゃあtheSkywalkerでした。