失礼します。
2っちぇJAPANのリーダー
しゃあtheSkywalkerです。



クラン戦でのチームとして
最強の戦い方だと思う
「隊伍編成」

「班制度」「隊長制度」
ハイブリッドですよ。



どういうものかと言うと
5人で1つの隊を作り
それぞれに小隊長を任命。

隊内部で作戦を練り
フォローし合う。

必要ならば小隊長同士で話し合い
他の隊の支援をしたりされたり。

この戦術に
あの塾長が「隊伍編成」
名付けブログでまとめてくれ
採用しているクランも
増えてまきりました。


ことの発端は去年の9月頃
パンドラのニョコさんと
塾長が話していたのが
最初だったと思います。




僕もこのニョコさんの意見に
すぐ反応しました。





「隊伍編成」と呼ばれる前に
僕がやってた戦術の「班制度」

序列1位から5位までをA班。
序列6位から10位までをB班。
C班、D班…と作ります。

そこから
「A班が相手の8番までを獲ります」
「B班は9番から15番をお願いします」
「C班は16番から…」

こんな感じで指示を出しました。


この指示の最大の意図は
無謀な攻撃を牽制するためでした。

ウチのクランは
下から確実に星を埋めてく戦術で

当時、序盤から無謀な攻撃の目立つ
メンバーが少なからずいました。


かと言って
「〇〇さんは何番攻めて下さい」
とも言いにくいですよね。

人によっては攻めやすい配置
攻めにくい配置もありますし。

そこで選択に幅のある
班ごとの指示をやってみました。



班制のメリット

・無謀な攻めが減り効率が上がる
・個々に責任感が生まれる
・戦況を見る力がつく
・リーダーの負担が減る


班制のデメリット

・個人としてチャレンジ出来ない



以上があると思います。
僕は圧倒的にメリットが大きいと
考えています。

デメリットについても
班としてのミッションをクリアすれば
残った攻撃権で
チャレンジすれば解消出来ます。



この「班制度」
去年の5月頃にやってたのですが

メンバーの力量を
ある程度把握してないと難しく

メンバーの入れ替わりが
激しい時期はやりにくいです。

なので最近まで
ずっと出来ていない状況です…



次に「隊長制度」
やろうとした時期がありました。

ウチのクランでは週3回
クラン戦をしていますが

そのうちのひとつを
希望者のみのミニ戦としています。

このミニ戦の時に
「〇〇さん、今回は指揮を執って
みませんか〜?」
って促した事があります。


「やってみます!」という人と
「遠慮します」っていう人と
ありましたが

僕の意図としましては

隊長を経験することで
マネジメントスキルを
身につけて欲しい

って思って提案しました。


負けたって良いんですよ。
その人の成長の方が
勝敗より何倍も価値があります。

正直に言いますと
全壊スキルは個でも身につけれます。

でもマネジメントスキルは
団体じゃないと身につきません。


もっと言うと
全壊プレイヤーなんて
代わりはいくらでも居るけど

クランのマネージャーは
かけがえの無い存在だぞ〜!

って心から思います。
急に叫んですみません。

この「隊長制度」
最近はやって無いです…

今度やろうかなぁ。




まあ上記の
「班制度」と「隊長制度」

2つともメリットが大きいです。

この2つのハイブリッド
「隊伍編成」

うまく運営できれば
長期にわたって
勝利育成の両立が
計れると思います。

隊伍についての
詳しい記事を貼っておきます。


ロマさんのブログより( ФωФ)

パンドラのブログより ┌(┌ㆁωㆁ*)┐



久しぶりに長い記事を
書いてしまいました。

今回ここまでの登場人物
全員オッサンで申し訳ありません。

誰かフレッシュなのは
居らんのか?


しまった。
この人もオッサンだった…


2っちぇJAPANは
フレッシュなメンバーを
常時募集しています!


以上、失礼しました。